2012/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
変なバナナを食べました。

道の角っこにある小さな店でオスカルがバナナを買ってくれました。

それがこちらなんですけど、なんか変だと思いませんか?

 

CIMG4751

 

断面図がこちらなんですけど・・・。

 

CIMG4753

 

どうやらなんか間違っちゃって、二本が一本にくっついちゃったみたいです。

あんまりにも大きくて、半分でお腹いっぱいになっちゃいました。

 

オスカルによると、こういうバナナはけっこうあるみたいです。まあ考えてみたら

日本でもイチゴなんかはくっついたようなものも売ってるけれど、バナナは輸入品だから

こういう変なのは取り除かれちゃうんでしょうか。ただ、こういうのはグアテマラ人でも

気持ち悪いと思っちゃうみたいでなかなか売れないし、メルカードだとおまけでくれたり

するんだそうです。へえぇ。

 

味はいたって普通の味でした。一本分の値段で二本分だもの、なんか得した感じ。

スポンサーサイト
 
こんど借りる家ケロ。

こんな家を借ります!

 

CIMG4782

 

一年前の今日(26日)、イサバル県リオドゥルセからここアルタベラパス県のチャメルコに

引っ越してきました。リオはちょっと暑すぎたのです。それで涼しいところを探して

この町に到着。でも最初の一ヶ月はホテルの部屋を借りて、湿気がひどくてカビだらけで

ほんっと大変でした。家は見つからないし、どうしようと思っていたところに

今の家を貸してくださるということになって、本当に助かったのです。

それから一年、大家さんの従姉妹が引越してくることになったので、家探しを開始、

友人のマガリが聞いてきてくれたこの家、何十年か経っているそうで、とても古く、

ずっと空き家で放置されていました。大家さんがやっと、貸し出そうかと腰を上げて、

改築工事を始めたばっかりだったのです。訊いてみると、かなり大掛かりの

改築をするようで、一ヶ月はかかるとのことでした。といっても、内容を聞いたら、これを

一ヶ月で終わらせるのは、ここグアテマラでは珍しい、かなりの突貫工事です。

具体的には、屋根の高さを上げるために、壁にブロック二つ分をさらに乗せる。梁をすべて

取り替える。小さい窓をぜんぶ大きくする。二箇所のお勝手口を閉め、新たに別のほうに

お勝手口を新設。家の中に壁を二箇所作り、部屋を分割。台所を新設。ドアをすべて新調。

配管をすべて取り替える。バスルームにタイルを張り、手洗いボウルを新しく付け直す。

さらには部屋のうち2つには「シエロファルソ」と呼ばれる石膏ボード製の吊り下げ式天井を

付けてくれることになりました。外と中の壁もすべて塗りなおし、屋根のトタンを半分新しく

しました。配線、コンセントも増やし位置やスイッチもすべて新しくなりました。

・・・こうやって書くと、ほぼ新築工事ですね(笑)。古いのは屋根半分と床だけです。

床もタイル張ったりしたいけど、そこまでお金がなくて・・・とのこと。いえいえ、十分です。

 

CIMG4781

 

どんどん順調に仕上がって、うまくいけば、来週には引越しです。大家さんたちも、本当に

いい人たちで、引越し先でも問題なく過ごせそうです。家賃も、もっと高い値段を払うからと

言ってきた人たちも後から来たらしいのですが、私たちが最初に借りたいという話をしたから

と、こちらを優先してくれて、家賃もこの規模の一軒家を借りることを考えたら本当に安く

してもらえました。寝室が3部屋に、居間、ダイニングキッチン以外に洗濯室まであるし、

駐車スペースも庭もあります。将来的に洗濯機を買ったら設置できるようにと、水栓に下水、

専用コンセントも完備という周到さ。そもそも、キッチン付、お風呂はタイル貼り、ガレージ付、

なんていう家を見つけるのは本当に至難の業で、こんな家が見つかるなんて、びっくりです。

またこの家がどんなふうにきれいになったかをアップできるといいですね!

 

「ケロリも引越し準備しなくちゃケロっ」

 

ケロリはそんなに物を持っていないので準備は簡単です。シンプルでいいね・・・。

なんで、こう、物って増えるんでしょうか・・・。

 
お風呂に入ったケロ。

とっても体が汚れてきちゃったので、いい天気だったし、お風呂に入ったケロ!

 

CIMG4779

 

きれいになったケロ。さっぱりしたケロっ!

 

ケロリの青いタオルケットも一緒に洗われました。

 

「写真見られて、みんなに笑われたケロ・・・なんでケロ??」

 
日本の暑い夏を思い出すトマト。

おとなりの県庁所在地コバン市にはちょっと大きい、輸入物も取り扱うスーパーマーケットが

あります。時々アメリカ製キッコーマン醤油も並んでたりして(といっても、いつもある訳では

ないのですが) ちょっとあるとうれしいものが売っています。

 

このところなぜか大々的に「イタリアフェア!!!」なるものを開催中でして、イタリアの

パスタが数種類ずらずらっと並んでいたり、イタリアのワインが並んでいたり、トマトソースが

並んでいたりと、あららぁ、おいしそうねぇ、というものがいっぱいあって目の保養になって

いました(笑)。あまりにも高いので買えませんが。そうそう、日本でも売ってるディチェコの

パスタまでありました。パスタマシーンも売っていましたがさすがに高いです。

 

一通り見て回って楽しんだ後、通常の買い物モードに戻って、安いものを探していたところ

こんなものを見つけました。

 

CIMG4722

 

日本で見るような普通のトマトです。でもこれ、輸入物トマトということで、普通のトマトの

倍のお値段でした。1リブラ(450g)20円で買うメルカードトマトはサンマルツァーノ種、て

いうんでしたっけ、細長いトマトで、本当は煮込み料理に本領発揮するトマトなんでしょう

けれど、たいていサラダにして生で食べて、でもあんまりおいしくありません。香りもゼロ。

ところが、このお値段2倍の輸入トマト、なんとなんと、あの日本の夏の太陽をいっぱい

浴びた青臭い、あの香りを放っているのです! んんんんんー、悩んだけれど、2つだけ

買ってきてみてしまいました! まあこの二つで15円くらいなんですけれど。

ヘタもまだまだぴんぴんして、新鮮そのもの、どうやってこんなグアテマラの田舎の県まで

届いたのでしょうね? あと、どこ産なんだろう・・・書いてありませんでしたが。

味もなかなかおいしかったです。

 
アトール シュコ と アトール デ エロテ。

友人たちとみんなでメルカードに行ってきました。目的はアトールです。

アトールは、なんか甘酒みたいにどろどろした、あったかい飲み物で、でもアルコールは

入っていません。いろいろ種類があるけれど、基本的にトウモロコシやお米で作った、

甘いおかゆのゆるいのみたいなものです。

 

2回くらい飲んだことがあるけれど、特に好きでもないのが、アトールシュコ。

シュコ、というのは「きたない」という意味のグアテマラ語で(スペイン語ではない)、

とうもろこしのゆでたのを放置してちょっとだけ発酵させたもので作ってあります。

なーんとなく、すっぱい。そして、必ず人口着色料のピンク色になっています。

なぜでしょう。まずこの色がいただけない、飲む気をなくすんですけれどねぇー。

 

CIMG4678

 

好きな人は好きな、アトールシュコ。クリスマンはこれにちょびっとフリホールもいれて

喜んで飲んでいました(写真の子)。私は今回はそっちはご遠慮して、もうひとつの

アトール デ エロテをいただきました。 これは、乾燥させる前のまだやわらかいとうもろこし

で作ったもので、風味は日本のコーンスープっぽいですが、でも甘いです。

なみなみ入っていましたが、飲みかけの写真ですみません。こんな感じです。色は白に

近いです。つぶつぶもちゃんと入っています。

 

CIMG4679

 

とうもろこしの毛とか入っちゃってるところが、おおらかなんですけど、おいしい。

別におなかを壊したりはしません。 今はまだそれほど日中は寒くないけれど、

12月ごろになって本当に寒くなってきたら、このアトールはなかなかあったまって、

とっても優しい感じでおいしいです。

 

でも12月ごろは、エロテのアトールはないので、飲むとしたらたぶんお米とカカオの種で

できたやつを頼むかなぁー。アトール コン チョコラテという名前で、これもけっこう

おいしいです。日本で作ってみようとは思わないのが不思議ですが、

やっぱりこういうごちゃっとしたメルカードでみんなと一緒に飲んでこそ、の

飲み物ですね!お値段はだいたい一杯が1.5ケツァルくらいです。

 
ケクチ語の強い味方とお知り合いになりました。

日本ではまだまだケクチ語なんていっても、どこの国で話されている言葉かなんて、

「なにそれ?」って、ぜったい誰にも分かってもらえない、そんな言語だと思います。

それはそうですよね(笑)。マヤ系の言語といったって何十もある、そのうちの一つですから。

グアテマラとメキシコにまたがるマヤ系住民の言語は、本当に多様性があって面白いです。

 

というわけで、おそらくグーグルとかヤフーなんかで「ケクチ語」って検索かけても、たいした

情報はヒットしません。(興味のある方はやってみてもいいですけれど)

 

そんな中、Twitterで「ケクチ」でヒットしてお知り合いになった方がおられます。

こんな方です。

 

CIMG4588

 

東大でケクチ語に関する博士論文を執筆中の、奥様と一人娘さんがおられる、渋下さん。

たまたま5月から8月までの3ヶ月ちょっと、コバンにフィールドワークに来られる、というのを

知りました。Twitterで連絡を差し上げたら、お返事も下さって、なんとお会いできることに。

 

フィールドワークのために来られているのでお忙しい中、チャメルコの我が家まで

来てくださり、今は絶版らしい「ケクチ語スペイン語辞典&スペイン語ケクチ語辞典」の

総スキャンデータをくださいました。とっても助かります!

 

最初はもちろん緊張されておられたのですが(素朴な面白い、良い方でした)、

だんだん打ち解けてきて、日本に帰国するまでに、もう一度食事でも、

という話にもなりました。

 

コバンは一応県庁所在地なので、大きな町ですが、今までマックしか行ったこともなくて

ちゃんとしたレストランの在り処も評判も、恥ずかしいことにまったく分からない私たち。

結局、渋下さんのお勧めのレストランに連れて行っていただきました。

 

カサ デ アクーニャという名前のレストランで、実は今までも何度も前を通っては、

なんだか素敵そう、と思っていたところに連れて行っていただきました。

どうやらオーナーはスペイン人ではないか、とのことですが、いろんな蘭の花が

飾ってあってアンティグアのように、中庭に面した回廊にテーブル。

ウェイターさんたちも、とってもきちんとした素敵な対応で、とってもびっくりしました。

 

お料理もとってもおいしかったので紹介します。

具沢山のサラダは、ヤングコーンやパルミート、チキンまで乗っていて、

自家製のドレッシングととっても合いました。

 

CIMG4590

 

私の頼んだのは、白身魚の白ワインクリームソース。 ソースがいっぱいかかっていて

全部すくって食べ切れないくらいなのが、残念なくらいでした。

 

CIMG4589

 

せっかくなのでデザートも頂いたら、これもとってもおいしかったです。

 

CIMG4591

 

そして、こんなカプチーノが出てきました。とっても感動です!壊しちゃうのがもったいない

ですね。

 

CIMG4592

 

別のカプチーノは別のデザインでした。何種類くらいのデザインがあるんでしょうね。

 

CIMG4594

 

渋下さんは、今後はNGOっぽいものを立ち上げて、チャメルコの隣町、カルチャの集落で

織られている織物をチャリティーのようにして日本で販売する、その販路を確立しようかと

考えておられるそうです。ケクチ語の研究も続けられるそうで、お互いこれからも、いろいろ

お世話になります、という話になりました。ケクチ語の研究を続けられて何年も、という

方ですので、文法等、どうしても分からないことがあっても、お聞きしてもよいとのことで

ケクチ語をぼちぼち勉強してみたりしている私たちにとって、とても貴重な方と

お知り合いになることが出来て嬉しいです。

 
長靴をはいた・・・猫じゃないケロ。

うふふふふ。

Seobis という集落のとあるお宅で見かけたニワトリさんなのですが、

見てのとおり靴を履かされています。

 

CIMG4552

 

靴、というよりぼろきれを巻かれてるのでしょうけれど、とっても上手に巻いてあるので

本当に長靴を履いているみたいです。おもわず「なにあれ!」と笑ってしまいました。

おうちの方に、「なんで?」と聞いたら、(ニワトリの習性なんだけど)地面を引っかくので

それをさせないためなんですって。みんなで面白がって写真を撮っていたら、おうちの人も

とっても笑っていました。ちょっとユーモラスでかわいいニワトリですね。本人は地面が

ひっかけないし、おいしい虫が探せなくて嫌なのかも。

 
卵とバターを買ったら。

スコーン!

・・・を、作ってみようと思いました。グアテマラで初めて。うまくできるかなぁ。

とか言って、実は日本でも1,2回作ったことがあったかどうか、なのですが。

スコーン、というと私の妹をいつも思い出します。とぉっても上手なのです。

どんどんレシピも変えていって、バター少なめで、でもとってもおいしいのを

朝焼きたて!

 

それにしても、狼の口が開かなかったわ。良いスコーンは、がばっっと側面が割れて、

おいしそうに狼が笑ったような口が開かないといけないんだそうです。

しかも、変な形ですね。またそのうち再挑戦してみたいと思います。

 

CIMG4483

 

それにしても日本って、バターがとっても値段が高いですよね。

しかも、製菓用の無塩バターなんてとっても高くて買ったことがありません。

グアテマラはその点では、お菓子作りにはまだ懐にやさしいです。

もちろん(とってもおいしくない)マーガリンの半分の量で値段が3倍するのですから

現地の人にとってはかなりのぜいたく品とはいえ、無塩バターも有塩バターも同じ値段、

225gの箱が170円で買えるのです。確か日本は普通の有塩バター200gの箱が

350円くらいしたような・・・? ね、お得なのです!

 

CIMG4485

 

バターサブレも作ってみました。生地がやわらかすぎてかなりてこずったけれど、

もしかして、日本のバターに比べてこっちのバターはやわらかいのかしらん。同じ動物性

脂肪分なんだから、変わらない気もするけれど、それにしてもやわらかすぎて大変でした。

味は絶品です。バターが多い生地なのでサクサクでとても風味が良かったです。

りんごを煮たやつを上に乗っけて食べたら、アップルタルトの味になりました。

ケロリが一枚食べました。

 

「ごちそうさまでしたケロ」

 
はじめまして!

はじめまして、中米グアテマラで生活しているchamelcoです。

初めなので、まずはケロリの紹介をしたいと思います(笑)。

ブログタイトルにもなっていますがケロリはこんなコです。

 

CIMG4733

 

「はじめましてケロ!」

 

2003年に、東海地方のあるビジネスホテルの階下に入っていたお店を

時間つぶしに覗きこのカエルに遭遇、うちにやってきました。

ちなみにマペットになっていて、手を入れられます。

当時私が乗っていた車がオリーブグリーン色(抹茶色?)のマーチで、

どうも顔がこの車に似ているし、もともとカエルが好きな私が一目ぼれして、

それ以来いつでもこの車の中に座っておりました。

というわけで、今年で9歳になるケロリ、今でもあちこち旅行して、

あちこちにお友達を作って、ここグアテマラでものんびり生活中。

 

 

日常の生活写真をアップしていきたいと思っています。

暇なときにぜひ時々覗いてくだされば、うれしく思います。

 

では、ケロリの見たグアテマラ、ぜひお楽しみください!

 

Chamelco & Kerori

 
自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。