2013/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
お稲荷さんだケロ。

韓国食材店で冷凍食品の中にまぎれていた、いなりずしの皮。ちゃんと日本製です。

ちゃんと味付けされていて、20枚入りとのこと。へえぇーっと思って買ってきたものの

ずっと冷凍庫に放り込んでありました。

 

とある日の夕ごはん、どうしようかなぁ、さっぱりしたものが食べたいなあと思って、

ごそごそ冷凍庫をあさっていたらこのいなりずしの皮が出てきたので、これを作ってみる

ことにしました。お米は貴重なカリフォルニア米、味付けに、お手軽にスシノコを使いましたが

ちょっと好みの味と違うのでもうちょっと自分で味付けしたあげく、私の祖母の手作りの

紅ショウガを刻んで混ぜ込みました。

 

CIMG5534

 

皮の形が、最初からけっこう浅めの長方形に切ってあるもので、どうも形がうまくいきません。

本当は口を下にしたらもうちょっとマシな見た目なんでしょうけれど、せっかく可愛い色の

紅ショウガ(祖母は毎年梅干しを大量の赤シソで付けるのですが、その梅酢で付けた生姜

なので、本当に綺麗な自然のピンク色です)が入ってるのだし、どうせ家で食べるものだし、

そのまま口を上向きに開けたまんま。まあいいや。味はとっても美味しかったです。

 

「久しぶりケロねぇー、こういう味」

 

ほんと久しぶり。さすがにお揚げは手に入らないので・・・。大豆も手に入らないから

手作り豆腐作って薄く切って揚げて作れば、というのもナシ!どっちにしろ私はあんまり

豆腐好きじゃないので、大豆が手に入ってもやらないと思いますが・・・。

スポンサーサイト
 
12月はコーヒーの季節ケロ。

12月になるとますます本格的にそこら中のコーヒーの木になっている実が赤くなってきます。

うすら甘い青臭い実ですが、つぶすと中から種が2つでてきます。こんな感じ。

 

CIMG5525

 

まごうことなきコーヒーの豆の形をしておりますが、周りはニュルニュルです。果実を食べると

いっても、大してかじるところもありません。まわりをちゅぶちゅぶっとしゃぶるくらいです。

 

CIMG5526

 

これをしばらく放置して乾燥させるとなぜかカッピカピのツルンとした状態に皮が変化します。

あのニュルニュルはどこに行ったのかと思いますけれどねー。左側が乾いた種です。

このカピカピの皮をむくと、緑っぽい種が入っていて、それを煎ったのがコーヒー豆。

 

CIMG5528

 

お隣の家のコーヒーの木から庭によく実が落っこちてくるのですが、ちょっと集めて乾かして

のんびりフライパンで炒ってみました。飲んでみたけれど、まあまずいコーヒーだね、って

感じ(笑)。改めてアンティグアで買っているコーヒー豆を見たら大きさが全然違います。

さすが、庭の隅で勝手に生ってる豆とちゃんと世話された豆は違うのね、と再確認。

 

「コーヒーの種をまいたら出てくるケロ?」

 

コーヒーの種は蒔いてから2ヶ月くらいしないと出てこないらしいよ。めんどうくさいから

まかないよ。

 

「まいたら面白いのにケロ・・・」

 

だって、コーヒーの木って、格好もあんまり良くないし、きれいな木じゃないんだもの。

どちらかというと枝も節くれだって曲がりくねって、幹も地衣類とコケに覆われてて、

ほんと見た目がなんとも汚い木なのです。

 
グアテマラ夕ごはん。

・・・といっても、こんないっぱい夕ごはんに食べるグアテマラ人はあまりいないと思います。

もらったタマーレスに、トルティージャとフリホーレス。野菜のスープ煮、そしてこれも貰った

モハーラ(魚)を素揚げにしたもの。フリト(揚げ物)はモハーラの一番典型的な食べ方です。

ちゃんとお腹も抜いて、鱗も取って、きれいに下処理したのを頂いたのでとても簡単で

助かっちゃいました。淡水魚ですが臭みもなく美味しい魚です。

 

CIMG5500

 

基本的にグアテマラ人は夕飯はとても質素です。とても貧乏な人だと小さな丸パン1個に

薄くて甘いグアテマラコーヒーだけ、とか押し麦(モッシュと呼ばれます)をそのままお湯で

ふやかして飲み込んでおしまいとか、トルティージャにフリホーレスを挟んだのを2枚だけ

とか。一日肉体労働で働いてきた男の人でもそれだけだったりします。よく体力が持ちます

よね・・・。

 

とは言っても常に何か食べていたいのが本来のグアテマラ人の姿です(笑)。買い食いの

多いことよ。そしてこれまた当然の気がしますが、グアテマラ人は胃痛持ちが多いです。

胃痛は空腹だとよくない、と言ってはちょこちょこと「ながら食べ」をしています。日本のような

保健所の指導とか飲食物の販売が免許制とか、そういうことがないので、「あ、~売ろ!」と

思い立ったらメルカードに材料を買いに出かけ、午後いっぱい使って料理し、夕方に家の前に

小さな机を引っ張りだしてモノを売る。道を歩けば食べ物売りに当たる。そして見ると買って

食べたくなるグアテマラ人。私が思うには、それが胃に負担をかけてると思うのですけれど、

胃が痛い時はむしろ一日断食ぐらいしたほうがいいよ、というと、えー、信じられない、

と言われます。そして胃が痛くても(どこが痛くても)常に飲むのがアセトアミノフェン。

それも胃には良くないって、胃壁を荒らすよ、と言うと、えーっという反応が帰ってきます。

今日は太田胃散を少し、ある友人に分けてあげました(笑)。飲むかな?

 

日本みたいに胃腸薬といわれる分野の薬がないので、今度は大正漢方胃腸薬みたいな

ものでも持って帰ってこようかなと思います。太田胃散はいっぱいあるんだけど。

 
いい天気だにゃん。

こんなふうにいい天気の日が続くと幸せ、洗濯物もしっかり乾くし、

庭もいじれるし。ハナタロウもだんだん庭に出るのに慣れてきたのでごろごろ楽しんで

います。さて、下の写真でハナタロウはどこでしょう?

 

CIMG5452

 

右に見えている大きな水タンクはおとなりの大家さんちのものです。うちには水タンクはない

ので、なんとか毎日バケツ二杯は確保しておいて、断水中は食器などはそれで洗います。

水道から流れてくる水じゃないと気持ち悪いな、なんて前は感じていましたが、全然慣れて

しまいました。むしろ小さなプラスチックたらい(洗面器)でざばざば流すほうが、ちょろちょろ

水道でちまちまと洗剤を流すよりよっぽど楽です(笑)。日本でいうと、お風呂に水を貯めて

おいて、それで食器を洗う感じですが、そう考えるとやっぱり「いやぁ~、それはないなぁ」て

言われちゃいそうですね!

 

さてさて、庭ですが、家の改修工事の時に左官屋さんたちがいっぱい踏み固めちゃったため

死にかけていた芝生もだいぶ戻って来ました。端っこのほうで生き延びていた芝生が伸びて

きたのを切り取っては、禿げている部分に移植しています。表層は黒土でも下はねっちねち

カチカチ粘土層、この庭は平らにしたときにその表層部分を取り去っちゃったせいで、いきなり

粘土層が露出していて、そこに芝生はへばりついているのでかわいそうです。スコップも

入らないほどのガチガチの表面をなんとか削り屑しては芝生移植、をちまちまとやって、

なんとか禿げた部分は減って来ました。

 

大きなシダが繁茂している部分をなんとかかんとか花壇にしたところにも、またもうちょっと

アンティグアで買い足してきた花を植えました。大きくなぁれ。一番右が今回買ってきた

新しいパンジーです。残りの4株は前回組。

 

CIMG5448

 

日本じゃまず見れなさそうな、パンジーとインパチェンスとペチュニアの共存(笑)。日本だと

冬の花の代表と、夏の花の代表ですよね。まあきっとパンジーもここのところの暑さでダメに

なりそうではありますが。インパチェンスは、ニューギニアインパチェンスでしょうか。暑さに

けっこう強くてかなり大きな花が咲きます。そして冬に枯れることなく多年草として成長して

いくので、かなり!!!の大きな固まりになります。ここに植わっているのは全部、挿し木。

左端のバジルも、もらってきた家に植わっていた本体はもう枯れちゃったようですが、ここでは

元気に成長中です。このあたりで一般的な種類で、なぜか多年草です。バジルなのに珍しい

ですね。日本で一般的なスイートバジルではなく、ちょっと紫がかっています。インターネット

で見たらアフリカンブルーバジルというのが一番怪しい・・・多年草って書いてあるし。まあ

味、香りは普通のバジルとあんまり変わりません。ペチュニアは挿し木にしたばかりなので、

ちょっとヘニャヘニャしています。がんばれ!

 

CIMG5449

 

バラも5鉢になりました。それ以外にもプランターにコリアンダーの種やネギの種をまいたり、

いろいろ楽しめていてうれしいです。ハナタロウも庭に出るのが好きなので、あいかわらず

時々声をかけては家に呼び戻してコントロール中です。ちゃんと言うことを聞いて呼ばれたら

走って帰ってきます。にゃん。

 
またまた首都に行かなくちゃケロ。

グアテマラで別に仕事をしているわけではない私たち。なんとかビサがとれないかなぁ、

と思っているのですが。

 

今回、なんとなんと、保証人やってくれることになっていた大家さん、せっかくいろんな

提出文書類を整えて下さったのに、今回イミグレでばたばたした挙句分かったことは、

彼ですら保証人の資格が足りなかった・・・というの発覚。ががががーん。ひどいのは、

アジア人だけは保証人の資格が厳しい、というのを今回イミグレのお兄ちゃんが教えて

くれたのです。みんな、収入月2万5千ケツァル(つまり25万円相当)か、少なくとも銀行の

口座に25万円程度の貯金がないとダメなんだそうです。大家さん、貯金あったんですけど

私たちが家を借りる前に大改築してくれたから、使い果たしちゃってたのです・・・。この

25万の要求は、アジア人だけに適用されるということ。こんなところで不平等があったとは。

うわさでは聞いていたけれども、用紙の要求書類一覧にも何にも書いてないし、日本大使館

で働いている方も、それは聞いた事無いですけれどもー、と楽観的なことをおっしゃってたし。

じゃあ単なるうわさなのね♪ ・・・と思ってたのに(涙)。聞いたら、この25万っていうのは

強制送還させることになった際のチケット代なんだそうです。アジアは遠いから、

そういう条件が必要になる、というわけですね。

 

というわけで、保証人探しからまた振り出しに戻る。頭痛いです。この発展途上国で

自転車操業的な生活をしている人たちには、貯金という概念がほんとう!!!!に!

ないので、こんな貯金してる人なんてどうやってももう見つからないと思います・・・。だって

貯金するくらいなら家の壁にペンキ塗りたい、家の周りに塀を建てたい、家の中にコンクリ

床を流したい、家の各部屋に窓ガラス入れたい、・・・てそういうレベルの人達だらけ。

50円程度のお金が、「今ないから明日ー」という人たちが大半なんですもの。そんな中、

やっと大家さん(コバン市にある陸軍の一応トップの一人)みたいな人が快く、保証人を

引き受けてあげるよーと言ってくれてたのに。すでに900ケツァル払って受け取った

無犯罪証明書もわざわざ外務省まで行って本物確認のOKももらって、手に入れたというのに

これももう有効期限が切れて使えなくなったらまた取り直しです・・・。証明写真だってけっこう

高いお金を払って撮らなくちゃいけなかったのに。こういうのが全部、お金無駄になるのが

また腹が立ちますしね。

 

あああああ。がっかり。というわけで、首都まで来たのでアンティグアからさらにちょっと

先にあるアマティトランという場所(日本人旅行客にはまったく知られてないようですが)で

温泉に入って来ました。

 

CIMG5442

 

中はまぁ雑な作りなんですが、とりあえず湯船に入れて、ミストサウナが一応あって、

個室で1時間50ケツァルでした。窓とかがないからせっかくのアマティトラン湖とか、そういう

きれいな景色も見れないし、普通のグアテマラ式ペンキ塗りたくりの湯船なんですけれど

大量に溜まってくる垢を落とすにはいいですね(笑)。じっくり入ってしっかり汗をかいて、

つるつるになって出てきました。お湯の質はなんでしょうね?透明で特に匂いもなかった

ですけれども、まあ普通の銭湯に来た気分ですっきりしました。

 

証明写真を撮った写真館(グアテマラだって首都にはちゃんと写真館があるのです、そこで

マット紙指定で写真を撮らないといけません、白黒で、えらく昭和な雰囲気の顔写真ができ

あがります)のおとなりに、アメリカの有名チェーン店、ダンキンドーナッツがあります。

ちょうどクリスマス時期で半ダースもしくは1ダースの詰め合わせがお得な価格、というので

いっぱい買ってきました。

 

CIMG5439

 

合計1ダース半、18個も買ってきました。家で冷凍しようと思って。あと滞在中のホテルでの

(毎度おなじみ、アンティグア市のポサダレフヒオに泊まっていました)朝ごはんにも、という

ことで。ほとんどのドーナツを制覇したかもしれない・・・(笑)。なつかしのジェリードーナツも

健在。でも、あれー、こんな普通の味だったかなぁ、小さい子供の時はこの真っ赤なジェリー

それほどすきではなかったのですが。あと、絶対に昔のほうがベタベタ大量に入ってた!

量が少なかったのも、ちょっと記憶の味と違った要因かもしれません。持って帰って冷凍

するには日本のミスドのオールドファッションとかチョコファッションみたいなオーソドックス

ドーナツのほうが、パン生地揚げドーナツよりもいいことが分かりました。チョコレートのと

ココナッツまぶしのとがまだ冷凍庫に残っています。

 

「ケロリはこのハデハデのツブツブのがいいケロ」

 

ケロリの頭くらいあるよ、全部食べられるの?

 

「食べれるもんケロ!」

 

白い粉砂糖がまぶしてあるのは触っちゃだめだよ、真っ白になるからね。

 
お外に行きたい華太郎。

時々私達の目を盗んでは、開いた窓やドアから外を探検しに行くハナタロウ。

でも基本的にお外は禁止です。足を汚して帰るし、またまたダニを連れて帰るし、なにしろ

一番怖いのがその辺で毒入りエサを食べて帰ってくること。ネズミ用の毒がどこに転がって

いるか分かりませんし、勝手にどんどん増えていく野良犬たちを駆除するために役所が

いきなり毒入り肉をまいていく事もある(らしいです、いつやってるのかは知りませんが

前に飼い犬がそれを食べて死んだ、なんていう話はしょっちゅう聞くし、そういえば中央広場

にいつもたむろしていた10頭ほどの犬はいつの間にかいなくなっている)。お人好しな

おばちゃんのエルリンダは、マガリのところにいたエドゥの子猫を一匹貰って飼っていたのに

やっぱり毒を食べてきて死んじゃいました。ちなみにそのネコはハナタロウに似てる色だった

ので、ハナタロウから名前をもらってハナタリート君だった。

 

CIMG5401

 

でも防犯も兼ねて、自前で網を買ってきてちょっと庭を塞いだので、最近は庭にはときどき

出てもいいことになっています。私たちが見ている時だけ。一応どこにいるのかコントロール

しつつですけれども。家の中から「ハナタロー!」と時々声をかけると、「はああーい!」と

毎回あわてて家の中に走って帰ってきます。一応おりこうさんですね。ネズミはこの家でも

一度も出たことはないですが(ゴキブリも全然でなくなった)、ハナタロウのおかげかも

しれません。

 
大会中に見かけたもの。

チャメルコに唯一のガソリンスタンド。そこで思わず目が点。

 

CIMG5378

 

なんでこんなところに?!

どうやらアメリカから流れてきた中古トラックらしくて、電話番号がアメリカの国番から

始まっていましたが、それにしてもこんなところでクロネコヤマト・・・びっくりでした(笑)。

日本人ならだれでも知ってる?この親子ネコのマークも、グアテマラ人にとってはなんの

意味もない模様なんでしょうね。

 
自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。