2013/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
マフィンを届けに。

近所にカナダ人の夫妻が、4ヶ月の予定でグアテマラに来られています。

カナダの味が懐かしいかなぁ、と思ってマフィンを焼いて届けてみることにしました。

まあ、マフィンってアメリカのものですが、カナダとアメリカってそれほど

食生活に違いがないって聞いたこともあるし、大丈夫でしょう。

 

というわけで、これはクランベリーマフィン。

 

CIMG6053

 

前に買ったクランベリーの缶詰を使って、目分量で焼いちゃいましたが、

けっこう美味しく出来て一安心。

その他にアップルシナモンマフィンと、バナナクルミマフィンを作って、

3種類を詰めあわせて届けて来ました。

 

後日、とっても嬉しそうな顔のジョンさんが、「クランベリーなんてグアテマラじゃ

手に入りにくいでしょ、おいしかったー」と言ってくれたのでよかったです。

奥さんのエレナも一気に2,3個食べちゃっていたそうで、「ここのは、水と粉だけで

作ってるみたいなボソボソの美味しくないのばっかりで飽々してきたところ

だったんだ」とのこと。

 

喜んでもらえてこちらも嬉しいなぁ。よかったよかった。

スポンサーサイト
 
裏庭に・・・。

ふと裏の砂利のところを見たら、こんなものがにょきにょきと。

 

CIMG6019

 

こちらはもう葉っぱが出ています。

 

CIMG6020

 

なんだか分かりましたか???

 

答えは隣の家から落ちてきたコーヒーの実から出てきた芽でした。

あらら、これほっといたらここにコーヒーの木がいっぱい生えるんでしょうか。

 

まあそのままほっておいてあります。コーヒーの木って成長が遅いらしいです。

気づいたら大きくなっているかもしれないですね!

 
メルカードに野菜調達。

今回の戦利品です。

 

CIMG6017

 

実は、私はメルカードでの野菜類の買い物、けっこう苦手です。

わさわさ声をかけてくるおばちゃんに、それぞれの野菜の値段を聞いて

買ってくれ攻撃の合間に買うかどうかを決定し、いざ買うとなったら

隣でまったく同じ物を売っているおばちゃんの視線が痛いし・・・(笑)。

ただこのグアテマラで助かるのは、絶対にぼられないことですね。

値切り交渉もOKですが、こちらが値切る前にあちらから値段を下げて

くれることのほうが多い。

 

この日の収穫物は、キャベツ3ケツァル、じゃがいも1リブラ2.5ケツァル、

ブロッコリー2つで1.5ケツァル、人参2本で2ケツァル、玉ねぎ2リブラで

5ケツァル、マンゴーがひとつ1ケツァル。

 

最近のひどい勢いで進む円安のせいで生活キツイです。なんとか戻って

きてください、円高。口座の残高見るのが怖くて見ていません(笑)。

日本もガソリンの値段とか上がっているみたいですね。みんな大変ですね。

 

ミキサーに入ってるのは、自家製ヨーグルトと発酵りんご、バナナと

キャベツの葉っぱの入った”酵素”ジュース。これを朝晩の食事代わりに

1週間頑張ったらだいぶ体重が落ちて、ひどい蕁麻疹がちょっとマシに

なりました。デトックス? ピンクのバッグには発酵中ヨーグルトが2瓶

入っています。朝これを作って、日中放置しておくと、りんごとヨーグルトの

発酵がどんどん進んで、ついでにキャベツとバナナも発酵してきて

夕方にはレモン汁入ってますかっていうくらいの酸っぱさになります。

乳酸菌と酵母でかなりお腹の調子を整えるには良かったですよ。

ついでに胃がちょっと小さくなりました(笑)。よしよし。

 
お風呂日和だケロ。

またお風呂に入ったケロ。

 

CIMG6000

 

水が汚い・・・ケロリ汚れてたねぇ。

 

「みんなといっぱい遊んでるからケロね」

 

ほんとどんどん表面がボソボソしてきちゃって、どうしよう。

 

お風呂日和なのでこの子も。

 

CIMG6001

 

洗っている間にワーワー騒ぐ猫もいますが、華太郎はむっつり派、でも黙って

なんとか逃げようともがきます。洗うの大変です。小さいうちは洗われても

気にせずびしょびしょの体で遊ぶ方に夢中でしたが、今は2歳になって

そうも言ってられないようです。しっかり舐め舐め。

 

CIMG6002

 

私が飼ってきた歴代の猫、まずは風空(ふうすけ)は、残念ながら洗っている時

どうだったか覚えていません。私が小学生だったから、母が洗っていたので

気にしていなかったんでしょうね。2代目の玖璃麻呂(くりまろ)はむっつり派でした。

脳障害だった西姫(あきひめ)ちゃんはわーわーどころか、ぴぎゃ~!!!!と

叫びまくる猫で、逃げるのにも体がいうこと聞かないのですっ転び、その間は

いつも彼女に対して兄貴風を吹かせていたクリが心配気に「わお~ん?」と

よくお風呂場の外でうろうろしていました。そしてよく体を舐めて乾かしてやって

いました。懐かしいなぁ。 そして今実家に預けている雅姫(みやびひめ)は

洗われている間もそもそ逃げながら「わぁおー」とぶつくさ文句を言うタイプ。

 

余談ですが、うちの猫に関して言えばどの猫も、最近話題になるキラキラ

ネームばっかりですね(笑)。華太郎(はなたろう)が一番普通か。いや、

グアテマラ人からしたらもしかしてキラキラネーム並の変な名前なんでしょうね。

よく皆に覚えてもらえますけれど。ちゃんと「な」にアクセントで呼んでもらえます。

ちなみに母と私でシェルターから選んで貰ってきて岡山の祖母にプレゼント

した猫は舞姫(まいひめ)、メス猫はみんな”ヒメ”世襲制となっております。

 

とか言っているうちにだいぶ乾いてきたハナタロウ。白くなってきれいきれい。

 

CIMG6004

 

ついでに洗ったハーネスをかじるハナタロウ。

 

CIMG6005

 

それは齧らんでよろし。ノミを一匹見つけて退治しました。どうしても庭に出ると

どこかの猫が落としていったノミを拾って帰ってきます。

 

だいぶ雨季が抜けて晴れる日が増えたので、時々猫は洗うことにしましょう。

 

「ケロリはあんまり洗われたくないケロ・・・」

 

そうねぇ、あんまり洗うとどんどん色が薄くなってもっとボソボソになっちゃうしね。

 
ぎゃあぎゃあ皆で夕ごはん。

オスカルのお家に集合、集まったのはオスカル、ホセドミンゴとリディアと

クリスマン、リディアの妹のフローリィ、そしてボリスとフディスとヘレン。

あとオスカルの別の甥っ子のチビ君(名前忘れた)もです。普段からみんなぎゃあぎゃあ

一緒に騒いでるメンバーが集まったといったほうが早いです(笑)。

 

CIMG5994

 

この日はみんなでトスタードパーティ。トスタードは、薄いトルティージャを揚げて

パリパリにしたもので、その上にフリホーレスとかアボカドのグァカモーレとか

辛いチレとか玉ねぎとか野菜炒めとか、そういうのを乗せてバリバリ食べる

おやつみたいなもの。こういうふうに夕飯にすることもあります。まあ油が

どんなの使ってるかわからないですし若干アトピーが数日間出るかも

しれませんが、大したことになるほどではないので気にせず私も食べます。

ははは。

 

CIMG5993

 

食後はフルーツパイ、やっぱりキウイを知っていたのはボリスとフディスくらい、

食べたことある人はゼロ。みんな興味津々で、なにこれ、という感じです。

こうなると、誰か万が一キウイにアレルギー持っていたりしませんように、と

思いましたが(私の母がキウイアレルギー)、皆大丈夫だったようで、後日

特に誰も変になってませんでした。よかったよかった。黒いツブツブは、

虫じゃないよ、ゴミじゃないよ、キウイの種だよ、と説明して、みんな恐る恐る

齧っていましたが、カスタードクリームも好評で(これまた皆初めての味)、

喜んでもらえてよかったです。それに輸入オレンジはやっぱり味が違うので

(いわゆる日本で食べるオレンジの味です)これも喜ばれました。

よかったよかった。

 
フルーツパイを作るケロ。

土曜日の夜にまたみんなで夕飯一緒にしよ~、とのお誘い。何持って行こうかなぁー。

 

日本から今回持ってきた本のうちの一冊がNYスタイルのパイとタルトの本、

それに出てくる、何とかさんが全米アップルパイコンテストで優勝したパイの

レシピ、というのを作ってみることにしました。

 

といってもパイ皿を持っていなくて、タルト型オンリー。まあ大丈夫かなぁと

とりあえず生地を敷き詰めたところです。直径30cmの巨大タルト型です。

小さいのは父方の祖母譲り(だったか)のミニタルト型で、もう15年どころ

ではなく使われていなかったのですが、なんとなくグアテマラに持ってきて

ありました。やっとのやっとで日の目を浴びたタルト型です。

 

CIMG5990

 

「うーまく焼けるかなっケロ」

 

それが上手く焼けませんでしたー(笑)。もともとこの生地でパイ皿に成形する時

ちょっと変わった方法が書いてあったのですが、焼いてみて納得。

この生地縮むんです!

 

ずりずりずり、っとずり下がったように周りが沈んで、高さがなくなっちゃいました。

あらららら、残念(涙)。

 

「なんかちっちゃくなっちゃったケロ・・・。」

 

ねぇ、まさかこんな縮むとは。これはぜひ、パイ皿をどこかでゲットして

リベンジしてみたいものです。パイクラストの味自体はなかなか良さそうですし。

なにしろ良いのは型にバター&粉をしなくてもつるりんと外れることです。

 
Saqihaの洞窟。

Saqiha という集落に、小川が流れ込んでいく洞窟があります。

 

歩いているオスカルの足元すぐ下はぽっかり空いた洞窟が。

 

CIMG5985

 

前回ここを見た時は上の写真の右側から流れてきている川が、結構な濁流と

なって左側とこの正面の洞窟に分かれて流れていっていたのです。

ところが今は水位が下がっているせいか、ちょうどこの部分で忽然と水が消え

地面の割れ目に吸い込まれるようにして水がなくなり、左に続く川には

水が全く流れていません。そして洞窟の方にも水位が足りなくて流れていません。

不思議ー。ちょっと上流はまだまだせせらぎの音がするというのに。

 

リディアとホセドミンゴも面白がっていました。水がないー。

 

CIMG5984

 

この洞窟の水は、一説によるとカルチャまで流れていっているのいうのですが、

へえええ。

 

ここサキハの意味はSaq' 白/清い ha 水 です。清水さんていう苗字があったら

サキハさんですねぇ。

 
渋下さんと食事ケロ。

東大でケクチ語の研究してる博士課程の渋下さん、またコバンに1週間ちょっと

来られて、連絡くださって是非またお会いしましょう、というので一緒にお昼をして

来ました。今回はコバンの中央公園のそばにあるホテル兼レストランの

La Posada という場所。来たことなかったのでうれしいです。

コバンの中心地なので、すぐそばの道路は車の音がひっきりなしですが、

中はけっこういい雰囲気の中庭が。

 

CIMG5980

 

けっこうコバンの中で由緒ある感じなんでしょうね、雰囲気としてはもともと

カトリックの修道院とか、そういう感じの施設だったのではないかと思われます。

食事はまあまあ普通に美味しかったです。

 

CIMG5981

 

「げふっ」

 

渋下さんはケクチ語の研究と共に、ケクチの女性たちの生活向上について

活動をしたいという夢をもっておられるそうです。だから時々こっちに

来ては、カルチャのほうの集落の女性たちの機織りからちょっとずつ

販路を広げる手伝いをして、それでどうコミュニティーが変わるかとか

そういうのを見たいらしいです。まあ文化人類学っぽいですな、そりゃ。

私は大学の文化人類学つまらなくて大っ嫌いでしたけれど、単位取るためだけに

受けた授業で、それほど覚えてはいないんですけれど(汗) こういう実地でやる

フィールドワークは面白いのかもしれないですねぇー。

 

今度は5月のコバン国際マラソンに合わせて来れたらいいですね!

(渋下さんの趣味はコーラスとマラソン)最近もう日本はマラソンブームすぎて、

有名なマラソン大会はエントリーしても抽選になっちゃうので倍率高くて

全然当たらなくなっちゃったそうです。コバンはまだまだ大丈夫でしょう。

一応エントリーはしたらしいですけれど、旅費が高いですね(笑)。

奥さんと娘さんも一緒に来らればいいのに、全然グアテマラなんて興味が

ないんだそうです。もったいないなぁー。

 

ケクチ語の勉強する上ではやっぱりきちんと研究しておられる方から

文法などの説明受けられるのは助かりますね。言語習得がんばります・・・。

 
友人たちみんなとお昼ごはんケロ。

お昼ごはんに呼ばれました。みんなで料理を配ります。イメルダとロレナ、そしてシルビア。

 

CIMG5962

 

お昼はサラダとご飯、そして牛肉に鶏肉のペーストを巻いてロール状にして

燻製にするという、なんだかめちゃくちゃ手のかかったお料理。そしてもちろん

トルティージャも。

 

CIMG5964

 

「おいしいケロねぇー」

 

辛いサルサもかけて、ほんと、とってもおいしかったです。

 

CIMG5965

 

ケロリはクリスマンと遊ぶケロ。帽子乗っけられたケロ。

帽子はケクチ語で punit だったかな?

 

CIMG5970

 

ケロリはダマリスとも写真撮りました。

 

CIMG5971

 

どんどんお友達を増やすケロリ。

 

「楽しかったケロねぇ」

 

て、ケクチ語で言えたらいいんですけれど、まだ言い方知らないです・・・。

 
ロケットストーブ。

最近はまっているもの、ロケットストーブです。

もともとはメキシコのマヤ系住民のためにとある教授が開発したとか何とか。

少しの薪で効率的にエネルギーを使えるということです。

 

それを作ってみたいね、ということでチャターラ屋さん(いわゆる金属回収

業者)から金属バケツなど少し買ってきて、とりあえず組み立ててみました。

 

CIMG5885

 

けっこういい感じに燃えて、前に紹介したダッチオーブンも上手く使えます。

まあお尻は煤で真っ黒くろになってしまうのですが。

本来のロケットストーブは二次燃焼でこの煤も燃えきるらしいのですけれど

まだまだ改善の余地はいっぱいありますね。

 

CIMG5886

 

燃やしているのは材木屋さんが格安で売っている木切れです。

普通の薪はひと束6~7ケツァルで売っていますが、この木切れは薪の

ひと束より多くて5~6ケツァルです。ちょっと多いし、まあほんのちょっとですが

安いです。そしてこのロケットストーブには太い薪よりもこういう細い木切れの

ほうが使いやすい、ということでさらに経済的です。

 

ちょっとずつ改善しつつ、ロケットストーブでスープを煮たりしています。

ガスがちょっと値上がりしたので併用するほうが節約になりますしね。

 
リディアの台所。

最近リディアが旦那さんに自分の家の脇に台所を作ってもらいました。

今までは自分専用の台所がなくて、同じ敷地内の義理の両親のところで一緒に

料理してたんですけれど。今回簡易ながらこんな感じの調理場ができました。

 

CIMG5868

 

木の棒を組んで、黒ビニールを張っただけですが、もともと整頓が好きなリディア、

自分たちで収穫したトウモロコシもきちんと並べて干して、すっきりしています。

隙間からイヌが入ってきちゃうのがちょっと大変そうですが、こうやって自分用の

調理スペースが出来てよかったね、リディア。

 

こないだまた覗いたら、もうこのトウモロコシはみーんな食べられちゃって

なくなっていました。これを芯から外すのって大変でしょうね・・・。

 
自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。