2013/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
メーダーカーの学校はぁ♪

かーわーのーなかーぁ♪

 

CIMG6161

 

メダカっぽい魚がいっぱいいました。

ついでにケロリの弟たちも(つまりおたまじゃくし)。

 

CIMG6162

 

いつか捕まえて飼ってみようかしら。そういえば昔小学2年生くらいの頃

母が急にヒメダカを5匹連れてきて、一匹は金魚に食われ、一匹は流しに

流れていき、3匹になってしまったのが、どんどこどんどこ増えていって

すっごい数になったのでした。社宅3階に住んでいたので、その踊り場に

ホテイアオイにくっついた卵のバケツと生まれたての小さい子のバケツと、

もうちょっと大きくなったメダカのバケツと、そして大人のバケツが並び、

ついでにザリガニなんかのバケツも並び・・・。あのころは金魚を筆頭に

亀やらカマキリやらアリンコやらも飼って、おたまじゃくしももちろん飼って。

 

わたしのカエル好き、虫類平気、爬虫類も好きなのは、きっとこういう

小学校時代の母の教育が大きいに違いない(笑)。

 

メダカ観察絵日記なんぞを勝手に作って、先生に見せ、教室に貼りだして

もらい、その後引っ越した後も相変わらずメダカは増え続け、学校の友だちに

配りまくりました。そういえば、めったに生まれ出てこない茶色に青い線の

入ったメダカは人気だったなぁー。あれは優性なのか劣性なのか、

どっちだったのでしょうね。

 

そして、最終的に小学5年の夏休みにアメリカ駐在で引っ越すときに、

その大量のヒメダカはさらに友人たちに配りまくって押し付けたのでした!

スポンサーサイト
 
餃子作りましたケロ。

なんかとっても久しぶりに、餃子が食べたくなってきました。作るか!

餃子の皮はけっこう単純で、薄力粉と強力粉、そして熱湯を 1:1:1 です。

今回はすべて300gでやりました。そして小さじ1.5ぐらいの塩。これを

箸でぐるぐるぐるっとかきまぜたら、よく練って30分休ませ、また練って10分

休ませ、打ち粉の片栗粉(ここだとコーンスターチ、ジャガイモデンプンはない)で

整形開始。

 

CIMG6154

 

大体大きさを合わせたいので、小さく分けたらそれを1つずつ伸ばして

それをさらにお茶碗で丸く抜く、という二度手間作業。でもこれであとの

包みやすさはずいぶん良くなります。少し残る切れ端はホウトウのようにして

食べちゃう予定。出来た皮にどんどん包んでいきます。皮はなるべく薄めで。

中身は豚ひき、キャベツ、ちょびっとだけ庭のニラっぽいやつもはいってます。

ニンニクと生姜、ごま油や醤油などなど。いたって普通の餃子ですね!

 

いっぱいできました。たぶん100個くらいです。

 

CIMG6156

 

「焼けたケロぉ~♪」

 

CIMG6157

 

いっぱい食べて、残りは2袋に分けて冷凍しました。

でも一袋はちゃんとおしりを下にまあまあ並べて冷凍したのですが

残りはそのままぎゅうぎゅうに袋に詰めちゃって、そのままくっついて

ガチガチに凍っちゃったので、さあどうしましょう。まだそのまま冷凍庫に

います。崩れるの覚悟で水餃子かなぁー。

 

「水餃子も食べたいケロねぇ」

 

いいよね、水餃子も。本当はそのほうが正式なんだしね、餃子は。

 
うううううう。

こういう色の水がやってくるとちょっとがっくり。

 

CIMG6149

 

土砂降りの後の水道情報でした・・・。

そしてこの水で食器洗いをし、歯ブラシをゆすぎ、洗濯をする私たち。

お腹もどんどん強くなります?!

 
焼き畑中。

サンルイスからラショニルへ向かう道、最近焼き畑をやっています。

 

CIMG6146

 

写真の上の方の黒っぽく禿げている部分は、この前の週に木を切って

焼いていました。今日は下の方の部分。

 

焼き畑をすることを ロサール というみたいですが(スペイン語のほうです、

ケクチ語はわかりません)、これをしていると空気は淀むし心なしか暑いし

やっぱり現地の人も、嫌だねぇ、という感じです。実際土地が痩せちゃって

ダメになっていくと思うのですけれどね。

 
どこまで大きくなるのかな?

庭の隅に挿し木で植えた多年生バジル、時々剪定するのですが

いくらでも大きくなります。写真の左のほう、もわわーっと、うっすら紫のが

このバジルです。

 

CIMG6145

 

このバジル、切られたものをメルカードで売っているのもよく見かけますが、

たぶん料理には使っていないはず・・・なにのために買っているんでしょうね。

前にリディアに聞いたのは、子供をリラックスさせるために、水浴びのための

水に浸してうんぬん、ということでしたが。

 

隣のニューギニアインパチェンスもここまで大きくなると思わなくて、いっぱい

植えていたのですが、スペースを空けるために間の株を上の段に移植しました。

それにしてもこの花、雨で駄目になると葉っぱにぴったり張り付いて枯れて、

おかげで葉っぱも枯れる・・・自分で自分を枯らしちゃってどうしようもないですね。

この写真を撮ったのはもう一ヶ月くらいまえなので、今はもっと大きくなっています。

大家さんの奥さんは、ここの庭に花がいっぱいなのがうれしいようです(笑)。

 

さて、こういう花のそれぞれも、やっぱりケクチ語の名前ってあるんでしょうか・・・。

花、というのはuutz’uuj (スペルがちょっとあやしい)。メルカードの花売りの

おばちゃんがウウツウッフゥ~と言ってるのは聞き取れます(笑)。

 
狂ったアイス。

グアテマラには helado loco 狂ったアイス というのがあります。

最初は、しょっぱいアイスだよ、と聞いていたので、おえ、なにそれ、

と思っていたのですが(笑)。

 

オスカルがみんなに買ってくれました。 よって初体験。

 

CIMG6143

 

ああああ、リディアが落っことしちゃった。

 

CIMG6144

 

これはパイナップルのシャーベットに、塩とトウガラシとペピータ(ウリの種を炒って

粉にしたもの)がかかっています。この3種類がかかっているのがhelado locoで

これ、慣れると意外においしい(笑)。そのうち自分でも買うようになっちゃったり

するかもしれません・・・。

 
お料理の月曜日ケロ。

今日作ったのはまず、バナナチョコのカップケーキ。

 

CIMG6139

 

次にウインナードーナツパン。後ろに見えるのは売り物用のカップケーキと

またピロシキも作りました。先週作ったのが美味しかったのでもう一度。

 

CIMG6140

 

「ぐるぐるソーセージだケロねぇ」

 

このウインナードーナツパンもなかなか美味しかった。レイジェスに食べさせたら

この発想はなかった、面白いし美味しいとのこと。

 

そして最後にこんなのも。

 

CIMG6142

 

「なにこれケロ?」

 

アップルパイです。8個分というレシピで、なのになぜか倍の16個出来たので

フィリングのリンゴが足りず。急遽、冷凍庫からドライカレーも出してきて、

残りはカレーパイに。これだけ作ったら、さすがに2週間はいろいろ食べるものが

あって助かりました。よって次の週の月曜日は何も作らず(笑)。

 
別の木にも。

いつものラショニルのハタオリドリの巣団地になっている木、その向こうの方に

ある別の木にも巣がいっぱいぶら下がっているのに気づきました。

 

CIMG6136

 

クローズアップしてみるとこんな感じ。

 

CIMG6135

 

風に揺れて、でもヒナたちは酔ったりしないんですねぇー。

 
アンティークっぽいバラ。

また良いバラが咲きました。

 

CIMG6133

 

香りもいいし、色もなかなかお気に入り。最近バラの鉢もみんな元気に

なってきて、5つの鉢のうちどれかが花を咲かせ、どれかが次のつぼみを

つけている感じで、一本切ってきて飾って、それが萎れる頃にはまた次の

花を一本切ってきて飾って、バラの花が絶えなくなりました。うれしいな。

 

そして、日本に置いてあるバラの鉢も次々に花をさかせている様子を、

こないだ母からスカイプ経由で見せてもらいました!日本においてある鉢は

ちゃんとみんな何という品種か分かっているものばかりで、香りも強いものを

選んで買って育てていたので、香りも一緒に楽しめます。今年はスカイプで

冬剪定の切り方を少し説明して、後は母に任せましたが、とっても良い感じで

咲いているところを見ると成功ですね!

 

やっぱりバラはいいですねぇー。

 

ちなみにバラ、スペイン語ではrosa ロサ ですが、ケクチ語ではroos ロース、

あんまり面白みないですね。ケクチ語って、日本語が英語由来の外来語だらけ

なのと同じように、スペイン語由来の外来語だらけなんです。感覚としては

ほんと、同じです。食卓をテーブル、というのと同じように、食卓の mesa 

メサ は meex メーシュ となります。覚えやすくていいんですけれどね。

 
カゴでお昼寝のハナタロウ。

首都で買ってきた安物の衣装ケース、パイプの骨組みに不織布のカバーが

かかっているのですが、どうもこれの一番上で寝るのがお気に入りのハナタロウ。

おかげでだんだん生地が伸びてきて、ハンモックみたいになってきて、ハナとしては

それが気持ちが良かったようですが、とうとう破れて穴も開き始めました。

 

上に登るのをやめさせようと思ったのですが、どうもこの上がお気に入り、

しかたないので上に板を置いちゃいました。そうしたら、悲しがること悲しがること。

恨めしそうに上から見下ろして鳴くので、どうしましょう。

 

ということでこうなりました。

 

CIMG6054

 

「ん、なんだにゃ?」

 

ハナタロウのために作った手作りケージの中においてあったプラスチックカゴ、

最近とんとケージの中に入って寝なくなったので、そのまま放置されてたのですが

これを板の上に乗せておくことにしました。

 

起き抜けの顔。

 

CIMG6056

 

「また寝る場所ができたニャ」

 

これで上でまったり昼寝ができるようになって、満足のようです。

・・・が、猫の心は移り気、最近はまたこの上では寝なくなりました。なんなんだか。

 
ささやかな収穫・・・。

プランターにネギの種を蒔いたのが1月ぐらいだったでしょうか。

結局、ちゃんと植え替える場所もなく、そのままプランターでギチギチに

生えたまま、ほっていました。かわいそう(笑)。

まあいいや、もう食べちゃえ。引っこ抜いて収穫。

 

ついでにゴボウの種も蒔いてあったのですが、やっぱり植え替える場所が

もう庭になくて、3本だけプランターに残っていました。残りは一応地植えに

植え替えたんですけれど。これももういいや、食べれそうなら食べちゃえ。

収穫。

 

CIMG6131

 

この水栓、セメントとか蛇口とかいろいろ買ってきて、がんばって作りました。

自分たちで作った水道で自分たちの作った野菜を収穫して洗う(笑)。うむうむ。

ごぼうはちょっとだけですが、お味噌汁に入れたらなかなか味がちゃんと

出ておいしかったです。やっぱり日本食には欠かせない食材ですねぇー。

残りはしっかり大きくなってから収穫します。

 
今日の夕食。

というわけで、今晩は赤かぶのボルシチとピロシキです。

 

CIMG6128

 

ボルシチは yamba (骨付きの牛すね肉)を使ってみました。綺麗な赤い

赤かぶの色があせないように、赤かぶは最後に入れて、あっという間に鍋の

中が綺麗な赤色に染まりました。すごいなぁ。

 

あとは、ついでに焼いた、全粒粉入りパン。

 

CIMG6129

 

ピロシキは残った分は冷凍、料理したくないときとかに食べられるといいですね。

なぜかグアテマラで東欧料理の夕ごはんでした!

 
ピロシキを作りました。

なんか突然食べたくなったもの、ピロシキ。なぜまた、という感じですね。

むかーしむかし、母が作ったのを覚えていますが、ほんと幼稚園とかの頃。

 

まずは中身とパン生地作りから。

 

CIMG6117

 

一次発酵が終わったら12等分。みよーんと伸ばして包みます。

 

CIMG6121

 

細長く包んだら綴じ目を下にして・・・。

 

CIMG6122

 

2次発酵が進んできたら、揚げ始めます。油に入れるとさらにぷうぅと膨らむ。

 

CIMG6125

 

揚げたてはとってもツルンとして、おもわず揚げたてをかじりましたが、

とってもおいしい!

CIMG6127

 

わぁい、いっぱいできました。

せっかくなのでレイジェスたちのところに4つ届けて来ました。揚げたて直送便。

 

「おいしいケロねぇー」

 

後日、レイジェスのママ イサベルが、「あれ自分でも作ってみたい!」だそうです。

そのうち一緒に作りながら教えてあげようかな。喜んでもらえてこちらもうれしい。

 
レモラチャレモラチャ。

真っ赤になりました、これなぁんだ。

 

CIMG6116

 

赤かぶです。スペイン語では remoracha レモラチャといいます。

丸のまま茹でて、茹で上がったら皮を剥きます。すごい色です!

これが自然の色って、びっくりですねぇ。味は薄ら甘い、土臭い感じで

私は好き。アントシアニンとか多そうですよね、目にいいかも。

 

「ケロリのこと触らないでケロっ!」

 

触っちゃったら色が取れなさそうですね。

 
デスパラシタンテ。

フディスが知り合いからいっぱいもらったそうです。2つもらってきました。

 

CIMG6114

 

「寄生虫用の薬ケロねぇー」

 

いつかお腹痛くなったら飲もうね。 寄生虫やアメーバは多いらしいのですが

イマイチ ピンときません。けっこうあちこちで生野菜も食べちゃってるけれど

まあ一応消毒してある・・・といっても、みんなと一緒にサラダを作ったりすると、

消毒しなくちゃ、と言って塩で洗ったりしているだけだったり。あとは掃除用の

漂白剤を数滴入れるとかね。寄生虫やアメーバは、けっこう子どもたちが

なっては薬飲んでいたりしますが、昔は日本もそうでしたよね(笑)。

私も一回、小学校の頃に寄生虫の薬を飲んだなぁー。

 
みんなでバーベキュー(続き)。

夕方、みんなで炭に火おこしからスタート。

といっても、リディアもフディスも普段から薪で料理する人たち、いつもどおり

さっさと手早く火をつけていきます。持っているのはオコテと呼ばれる特別な

木の欠片で、松脂の多い部分のようです。オコテは火を起こすときによく

使われますが、ロウソクのようにいつまでも燃え続けるのでとっても便利。

 

CIMG6091

 

今回は薪ではなく、メルカードで買ったカルボン(炭)です。あっという間に

赤々と火が熾りました。

 

まずはサルサ用にトマトの丸焼き。

 

CIMG6092

 

みんなだんだん集まって来ました。左からドーナルド、ダニーロ、フレディ。

 

CIMG6099

 

すごい炎が上がりますが気にせず手を突っ込んで豚肉を焼いていきます。

さすがです。やっぱりいつも熱い鉄板コマルの上でトルティージャ焼いてるから

手が熱に慣れてるんでしょうね!私は絶対無理、か弱いお手々(笑)。

 

CIMG6102

 

子どもたちはぎゃあぎゃあトランプで遊んでいます。ヘレンとファビオラとクリスマン。

 

CIMG6093

 

真っ黒に焼けていますケロ。

 

CIMG6100

 

途中で火力の調節、炭の下に敷いていた石をみんなではずします。危ない感じ、

いえいえ、火の扱いに慣れているみんなにそんなこと言うのは野暮ですね(笑)。

 

CIMG6105

 

バーベキューといっても、一人一切れずつです、あとはいつものトルティージャと

サルサにフリホーレスなどなど。お皿に分けていきます。

 

「おいしそうケロー」

 

ケロリと遊ぶフディス。

 

CIMG6109

 

今晩の夕ごはん、こんな感じです! お肉、真っ黒ですね(笑)。しっかり焼けて

骨のところなのでそれほどかじる場所はないですが、美味しいです。

 

CIMG6110

 

食後にみんなでトランプゲームを始めました。 A LA PESCA 魚釣り、という

ゲームです。なかなか面白かった。

 

CIMG6111

 

ルールはそんなに難しくないけれど、説明するのは難しいですね。日本でも

似たようなゲームあるのかしら。

 

CIMG6112

 

「たのしかったケロねぇー」

 

いっぱい楽しんで帰りました。

 
みんなでバーベキューなんだって。

友人たちが「costilla asada をみんなでやろー!」と大盛り上がり。

毎度呼んでいただいて感謝です(笑)。

 

というわけで、前回はフルーツパイだったし、今度はどうしようかなぁ、

なんだか話によると20人くらいでやるというし。

 

はい、今回はこれになりました。

 

CIMG6085

 

作ってみたけれどいまいち寂しいので、上に飾りのピンクの砂糖をかけてみました。

 

CIMG6086

 

「ちょっとかわいくなったケロねぇ」

 

今回はチョコカップケーキに、上のクリームは、ホイップクリームという、

ちょっと変わっていて、なんと牛乳と小麦粉で作ったホワイトソースとバター、砂糖を

合わせて作る、不思議なレシピです。食感はふんわり、美味しかったです。

絞り出し方法は・・・まあまた機会があったら練習します(笑)。下手っぴ。

 

さて、これを持って出かけてきます。

 

「いってきまぁすケロっ」

 
コルテとウイピルのノエリア。

もともと首都のほうからの家族、ノエとアルマ。一人娘のノエリアは5歳に

なりましたが、あいかわらずおしゃべりの仕方が舌足らずで、ほんと

聞き取りに苦労します(笑)。

 

ずっとコルテを着たがらなかったらしいのですが、最近幾つかもらったらしく時々着ています。

 

CIMG6090

 

やっぱりちいさな女の子のコルテとウイピル姿は可愛いです。

 
ミャウの赤ちゃんダケロ。

フディスのところのミャウ(本名はペルーサ)に赤ちゃんが生まれました。

 

CIMG6082

 

ちっちゃいのが3匹。

 

CIMG6084

 

「ひぇー、小さいケロねぇ」

 

まだ目も開いてません。2匹は一応予約が入っているんですって、よかったねぇ。

 
絶対ウソだ!(笑)。

 

友達グロリアのお店で変なもの見つけました!

 

CIMG6081

 

よく見ると、日本語が書いてあるの分かりますか?しかも真ん中にご丁寧に

”この商品の売上金の一部は財団法人(財)「日本野鳥の会」を通じて

自然保護運動に役立てられます” て書いてあるんです。

 

これが裏側。

 

CIMG6080

 

このクオリティー。ブラシの毛先とか全然揃っていないですし、ひっどい

出来です。絶対3年も持たないですよ。しかも、裏には全然違う商品の説明。

もともとは化粧用パフの袋からコピーしたようですね。

 

いやぁ、爆笑しました。グロリアも、なにそれー、そうなの?と爆笑。

日本野鳥の会には残念ながら売上金の一部も届かなそうです。

 
おじさん座り。

また華太郎がこんな格好でぼけーっとしていました。

 

CIMG6077

 

5月ぐらいで2歳になるハナタロウ、グアテマラでは十分長生きらしいです。

まだまだ動きが落ち着かないですが、それでもおじさんぽくなってきました。

 

グアテマラの人って猫を呼ぶとき 

 

「ミィスミィスミィスミスミスミスッ!」

 

ていうのですが、ケクチ語で猫は mis なので、なぁんだ。

「ねこちゃんねこちゃんねこちゃん!」 て言ってるだけなんですね(笑)。

 
グリーンピースの季節だケロ。

最近チャメルコはグリーンピースの時期です。メルカードのあちこちで

おばさんたちが売っています。サヤのままのグリーンピースと、中身を

出してあるもの。中を出してあるのは、小さな袋に入ったのが1ケツァル、

でも1リブラ(450g)は5ケツァル。

 

CIMG6079

 

せっかくなので1リブラ分。

 

「わぁい、美味しそうなおマメだケロ」

 

実はグリーンピース、私の好物の一つなので、このままバターと塩で茹でて

スプーンでがばがば食べちゃいます(笑)。この量を半分くらい一気食い!

もう食べだしたら止まらない。

 

グリーンピースご飯も好き。一つ面白いエピソードが。私の実家では

この豆ご飯、父の大好物ということになっていました。私の小さい時から

「パパはこれが好きなんだよねぇー」と旬になると必ず食卓に上っていた

のですが・・・。

もうかれこれ30年近く経ってから、ある時 父がぼそっと

「僕、豆ご飯、別にそんなに大好きというわけではないんだけど」 と。

へっ??? みんなでびっくり。あれぇー、そうだったのぉー?!

そもそも父方の祖母が、母に、父がこれが好きだと言ったことがあって

それ以来ずーっと何年もそう刷り込まれていた母、そして私たち。

・・・ということが分かってからも、旬になると必ず食卓にのぼる豆ご飯。

私はだーいすきです。

 

旬が終わる前にと、冷凍庫にもいっぱい保存、今も冷蔵庫にまた1リブラ分の

袋が。今月はグリーンピースを2kgほど買ったかなぁー。

嫌いな人には信じられない話ですね、きっと。でもこの新鮮なぴちぴちの

グリーンピース、茹でたては本当においしいですよ。プチプチしてて。

そういえば、ケクチ語ではなんていうんでしょう。今度友人に聞いてみよ。

 
ベーコン作り。

グアテマラで、とっても高くて一回も買ったことのないもの、それはベーコン。

まあ、日本でもほとんど買ったことないですけれど。高いけれどおいしいですよね、

ベーコン。時々欲しくなりませんか、ベーコン。ベーコンエッグとかね(笑)。

 

というわけで、生まれて初めてのベーコン作りをやってみることにしました。

 

たまたまお店になかなか良さげな豚バラが売っていました。

お店のお兄ちゃんによると、ここの人は豚にせよ牛にせよ、骨付きの部分の

バラ肉を焼いてかじるのが大好き、だからお肉少なくてもあばら骨の付いている

ところが欲しいんだそうです。へええ。

あら、じゃあ骨のない部分をちょうだい、ちょうどお店にいっぱい残ってるし。

 

ということで、骨のない部分のバラを喜んでお兄ちゃんが選んでくれたので、

2リブラ分、まずは重量の10%の塩といろんなハーブ類を適当にすり込んで

ジップロックへ。

 

CIMG6062

 

これを毎日ひっくり返して一週間です。塩が多いから全然腐らないんですね。

一週間経ったら2時間ほど水の中で塩抜き、ロケットストーブで薪を燃やして

準備する間に、お肉の方もちょっと干して表面を乾かしておきました。

こんな感じで庭に。

 

CIMG6065

 

カラスが来ないようにハナに見張っておいてもらいます。

 

「どっかからいい匂いがするんだにゃぁー」

 

CIMG6064

 

良い感じに温度が上がり始めたので、箱のなかへ。ダンボールに棒を

差し込んで、そこにぶら下げてじっくりじっくり。

 

CIMG6066

 

この作業、結局2日がかりでやりました!

できあがりはこんな感じです。

 

CIMG6068

 

冷えて硬くなったところを薄めにスライス。

 

CIMG6070

 

できあがり!とても美味しく出来ました。塩加減もちょうどいいくらいで、

そのままちょっとガスの火で炙ってもとっても美味しい。ベーコンエッグも

美味しく出来ました。少しでも満足するので、少しずつ食べていって、

冷蔵庫の中で長持ちしました。 またいつか作ろう。多くても少なくても

作業はあまり変わらないので、どうせならいっぱい作るほうがいいですね。

 
Chexenáからの風景。

Chexena’ チェシェナ、という集落がチャメルコの近くにあります。

けっこう山の上の方までよじ登った先から、チャメルコの中心地が見えました!

 

CIMG5792

 

真ん中に見えるのが中央にあるカトリック教会、右端の2本の鉄塔はセシブチェの

集落に行く途中です。いやぁ、よく見える見える、こりゃ絶景。

 

チャメルコ市に属する集落は約100ヶ所ほどあるらしいのですが、その集落の人は

チャメルコの町中のことを centro 中心地 と呼びます。 ケクチ語だとli tenamit。

だから Xinchal li tenamit Chamelco チャメルコから来たよ、と言うと、困惑顔で

ふぅーん、と言われる。 顔がアジア人だからねぇ、そりゃそうか。日本から来たよ、と

言ってあげないといけないんでしょうかね。

 
底が出来てきました。

ラショニルのハタオリドリの巣、こないだまで底が抜けていましたが

今回通ったらもう綺麗にまぁるく出来上がっていました。

 

CIMG5988

 

もうちょっとアップで。

 

CIMG5989

 

曇っているので薄暗くて分かりにくいですが、7,8個ぶら下がっています。

今度晴れている日にうまく写真が撮れたらいいですね!

 

それにしても触ってみたい・・・高い木の上の方にあるのが残念ですねぇ。

 
猫の足あとー。

こんなものが出現しました(笑)。

 

CIMG6061

 

いつも出てくるジンマシンですが、こんなお茶目な出方をされると笑っちゃいます。

 

朝晩全身に出るし、夜中も痒みで目が覚めるしで、ここ数ヶ月大変でしたが

思い切って強行ダイエットをしたらずいぶん出方がマシになりました。

やっぱり脂肪細胞からヒスタミンが出るから、痩せるとちょっと出にくくなるんですね。

日本から持ってきている大量のレスタミンという錠剤がどんどんなくなっていくので

ヒヤヒヤしていましたが、ちょっと落ち着いてやれやれです。

 
おしゃれな虫。

庭でこんなのが飛んできました。

 

CIMG6059

 

緑ベースに真っ赤なマフラー、首とおしりには黄色の斑点、そして真っ黒の

つぶらなお目目。

 

なんていう虫でしょうね。案外けっこう庭の植物を食べちゃう害虫だったりして。

 
自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。