2013/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
二回目のベーコン作り。

はい、できあがり。

 

CIMG6354

 

今回はいい豚バラがあんまり手に入らなかったので、別の部位でも一緒に

作ってみましたが、うーん。やっぱりベーコンは豚バラですね。

こんなに味が違うとは。

 

今回もロケットストーブの上にダンボールを載せてその中で燻製にする方式。

やっぱり時間かかるので、なんかもうちょっと改善できないかしら。

まあ一回作ると3週間くらいのんびり食べられるので、お得はお得ですよね。

スポンサーサイト
 
カカオをローストしたケロよ。

こないだ食べたカカオの実の種、前に書いたように本来はこの種は発酵させないと

美味しくならないようです。

 

が、そのままカラカラに干しちゃったので、そのままオーブンの余熱でロースト

してみました。

 

CIMG6353

 

できあがりケロ。

 

皮を剥く前も後も、おんなじように真っ黒です。まあこれでカカオミルクにでも

してみましょうか。

 

牛乳と皮を剥いたカカオの種とお砂糖をミキサーでがががががーっと。

出来上がりは写真撮り忘れましたが、まあ普通に美味しく飲めました。

まあ、本当の作り方は、この実をちゃんと石の板ですり潰して、ペーストに

して、お湯で溶いてチョコラテとして飲むのが正しいんだと思います。

 

こないだケクチ語調べていたら kakaw という単語以外に、b’aalam という

単語もあるのを知りました。でも多分この辺のケクチ語ネイティブに言っても

やっぱり通じないんじゃないか、と思いますけど、どうなんでしょうね。

 
アソートクッキーづくりケロ。

いつもカップケーキばっかり売るので、ちょっと別のも一緒に持って行って

みようかなぁー。というわけでクッキーを作りました。小さめクッキーです。

 

CIMG6350

 

出来上がったケロー。

 

CIMG6351

 

イチゴジャムクッキーに、ココアクッキー、クルミ入り、チョコチップ入り、

オートミール入り、そしてマーブルチョコ入りの6種類です。

 

CIMG6352

 

「いっぱい袋詰できたケロー」

 

それぞれの説明書きも作って一緒に入れて。

結局そんなに売れませんでしたが友達にぽいっと一袋あげるのにはよかったです。

けっこう喜ばれました。

 

個人的にはクルミ入りがけっこう美味しかったですよ。

 
テンション下がり目ヘレン。

土曜日にまたヘレンのところで夕飯いただきました。今回はタコス。

 

タコスの準備を手伝いました。玉ねぎを刻んで、コリアンダーも刻んで、

そしてお肉は半分は大豆肉、半分は牛ひき肉。

 

大豆肉なんて売ってるの知らなかったんですけれど、結構安いらしいです。

へえ、今度使ってみようかなぁ、体にはいいよねぇ。最初お湯とコンソメで

戻して、それからいろんな香辛料と一緒に、ひき肉も一緒に炒めて準備。

 

実はこの大豆肉、ヘレン大っ嫌いなんです。だからばれないように、

ばれないように、と内緒で準備したんですが・・・。

 

CIMG6348

 

わーいタコスタコス、と大喜びで席についたヘレン。スプーンですくおうとした

ところで・・・

 

ばれた。

 

CIMG6349

 

あ、これ・・・・と気付き、一気にテンションが下がりました。がっくりと。

その下がり方がものすごく可笑しい。

 

でも味は思ったより今回は美味しかったようで、まあ満足して食べていました。

私も実は昔何回か、こういう大豆肉食べたことありますが、ホントそんなに

美味しくなくて私も嫌いだったのですが。今回食べたらけっこう大丈夫、

これ、いつか私も買って使おうかなぁーと思いました。何しろお肉よりも

ずっと安いし。

 
バラがいっぱい。

庭のバラの鉢のうちの一つに、とってもしっかりしたシュートがにゅにゅにゅーっと

伸びて来ました。と思ったらあっという間に花芽をつけてくれました。

 

CIMG6345

 

すごーい、一本の枝の先に7つも大きなつぼみが付きました。

こういうフロリバンダの種類のバラはいいですねぇ、かっこよくて。

 

この鉢はけっこう黒点病がひどくて、実は下のほうはもうほとんど葉っぱがない。

どうせなら一回全部葉を落としちゃって、新しい葉っぱが伸びてくれば

病気も収まるでしょう。日本と違って簡単に家庭園芸用の少量売りの農薬が

手にはいらないのが大変です。アブラムシもオルトランとかあればなぁー。

とかぶつぶつ呟きつつ、全部手で退治しています。ぷちぷちぷちぷち。

 
バッグが壊れたケロ。

いつも愛用しているバッグ、ある日バッグの肩紐を本体に縫いつけている部分が

ちぎり取れました・・・。おおお。原因はコンピュータを突っ込んで歩いたこと。

重さに耐え切れなかったようです。

 

ニディアが靴を縫うためのすごく太い針を貸してくれました。

そしてこれまた靴用の随分太い糸もくれたので、これで一針ずつ縫います。

 

CIMG6340

 

「太い針だケロー」

 

すごいねぇ、こんなのなかなか見ないねぇ。

 

CIMG6339

 

この写真の下の部分が今回縫ったところです。結構固い分厚い人造皮なので

針を通すのが大変、日本から持ってきてあるユビヌキと、固い瓶の蓋を開ける

時に使うゴムマットを駆使してぎゅーっと押しこんではマットで引っこ抜く、を

一針ずつ。大変でしたが無事直ってまた使われています。

 
トマトの収穫の風景。

サンマルコスという集落へ行く途中の道、ちょうどトマトの収穫をしていました。

おばちゃんたちが収穫したトマトを頭に乗せて戻ってきています。

 

CIMG6235

 

道まで出てきたところで写真を撮らせてもらいました。

 

CIMG6236

 

なかなかいい写真、グアテマラっぽいですねー。この辺のトマトは細長い

サンマルツァーノ種っぽいやつで、生で食べるよりも火を通したほうが美味しいです。

例えばとっても簡単にそのまま水煮にして、皮を剥いたらフォークでつぶし

塩で味付けして、簡単トマトのサルサのできあがり。

 

トマトはケクチ語で pix ピッシュ というのですが、実は pix は同音異義語が

あって、もうひとつの意味はケチンボ。つまりトマトの性格はケチンボ?!

 
危険な虫。

セシブチェで、ふと道を見たらこんな虫が歩いていました。

 

CIMG6233

 

これは私が踏みつぶしたあとです。サシガメです。大きさは2cmくらいです。

 

シャガス病(シャーガス病)を媒介する危険な吸血昆虫なのですが、生きているのを

見たのは初めてでした。この辺りではチンチェ、とよく呼ばれます。

でも辞書を見たらチンチェってナンキンムシになってますけれどねぇ。

 
マックカフェですケロ。

こういうふうに海外で生活してると、一ヶ月どれくらいの生活費か

聞かれることがあります。そうですねぇ・・・。

最近はお金を節約するために、一ヶ月Q3000で生活、をやっています。

前はもうちょっと気にせず使っていたのですが、最近は急激な円安で、

ちょっとさすがに気にしないと(笑)。

 

まあQ3000というのは、少ない~、わーすごいえらいねぇ!・・・という訳では

まったくないので、もっと少ない額で生活してる日本人もいっぱいいるはず

なのです。だから大きな顔して「節約してます」とは言えません・・・。

 

家賃がQ1000, 電気代が瞬間湯沸し式シャワーと電子レンジのせいかな、

けっこう高くついちゃうので予算はQ350, インターネットがQ300, ガスが

ガスボンベ最近値上がりしてQ120-130, 車のガソリン代がQ300。ざっくりとですけれどね。

 

ある程度の安全性を考えた家を借りると、Q1000はこのへんでは安い方。

暑い地方に住んでいた時はずっと水シャワーでやってきましたが、

ここアルタベラパスではそれは無理、ガス式シャワーが付けられれば

節約になるのですが、賃貸の家で、水道管の構造上、それの設置も無理

なので、しかも毎晩2人が、お風呂上りに風邪引かない程度にあったまろうと

思わずしちゃうので電気代はポーンと跳ね上がります。。車も持っていなければ

ガソリン代は不必要なのですが、まあどうしても必要なこともあるので

これも仕方ない。インターネットもねぇ・・・やっぱりほら、ブログでみんなに

様子をお伝えするのに、ね(笑)。

 

なんて言ってると毎月の固定で出て行く金額は決まってくるので、

あと削るとすれば食費です。

 

なんて言っているそばからこんなものを食べてきちゃいました(笑)

 

CIMG6228

 

今は月1回しかコバンに行かないぞぉ! とがんばっているのですけれど、

5月の月初め、ちょっと気分転換にマックカフェに入っちゃいました。あーあ(笑)。

 

「へっへっへぇ~。まあこういう気分転換も大事だケロねぇー♪」

 

これで400円分くらい使っちゃった。贅沢です。これから一ヶ月頑張りまぁす。

円安進行しないでください~っ!

 
ごぼうの初収穫ですケロ。

庭に植えてあるゴボウ、ものすっごい大きな葉っぱがわさわさです。

スペースがあまりない関係で、お隣同士けっこうくっついて植わっています。

おかげでよけいワッサワサ。フディスの庭にも植えさせてもらってるけど

あちらもワッサワサ、みんなに、何この植物、と言われます。みんな味見

してみたくて興味津々だけど、どうせ食べても美味しくないと思うよ、と

伝えてるけど(笑)。

 

太くなってきたし、試しに一本抜いてみましょうか。

 

CIMG6224

 

「だいぶ掘ったのにまだまだケロねぇ・・・。」

 

うわ、どうしましょう。30~50cmくらいの短いごぼうです、という種類

だったのに、なんだか抜くのがかなり大変そうですよ。

 

なんとか抜けたゴボウたち。となりのも抜いちゃいました。

ごぼうの茎も食べてみます。だって捨てちゃうのがもったいないほど

立派なんですもの。

 

CIMG6227

 

豚肉を薄切りにして、ごぼうと甘辛煮にしました。おおおお、ごぼうだ(笑)。

 

「日本の味だケロねぇー」

 

ほんと、ごぼうは手に入らないから、貴重品です。やっぱり美味しいなぁ。

茎は5cmくらいに切って圧力鍋で塩茹でにしてから醤油で甘辛く煮付けたら

フキの佃煮そっくりになりました。これもおいしかった。次回もごぼうを収穫

するときには茎も忘れず収穫することにします。

 
ヘレンのニャンコがお泊り。

土曜日、ヘレンのママのフディスが

 

「これから地区の集まりに行かないといけないのぉ、ボリス(旦那さん)がまだ

帰ってこないから私が行かないといけないの、ごめんねぇ」

 

と外出しちゃいました。つまり、私がヘレンと留守番しとけ、というわけですな。

 

結局5時半から8時すぎまで帰ってこず、しかたないので、ヘレンの部屋の

掃除をさせて、整頓を手伝ったりして過ごしていました(笑)。まったく、ダブル

ベッドの上まで足の踏み場もないことになってるんですもん。毎晩どうやって

寝てるのか聞いたら、

 

「あっちにものを動かせば寝れるよー」

 

と部屋の隅を指さします。やれやれ(笑)。しっかり1時間ほど掃除整頓。

 

ようやく帰ってきたフディスと、ほぼ同時に仕事から到着したボリス。

夕ごはんに近所で買ってきたタマルを出してくれました。

 

CIMG6214

 

ヘレンの家のミャウの3匹のコニャンコたちもよたよた走り回るようになって、

お腹が空いてぴぃぎゃあと騒いでいます。最初はおっぱいもらったけど・・・。

 

CIMG6215

 

足りなくて、今度はご飯にスープをかけたものをもらいました。お腹の空いている

ミャウは子供そっちのけで全部食べちゃうので、子供が先!とフディスに押さえられ。

 

CIMG6216

 

眠くなったちびさんたち。

 

CIMG6218

 

灰色っぽいニャンコが一晩うちにお泊りすることになりました。もらってもらえないか

という下心ありで押し付けられた、というほうが正しい感じですが(笑)。ははは。

 

CIMG6219

 

ハナタロウが全く使わなくなったケージを引っ張りだして、とりあえず中に入れます。

ノミだらけなので、かわいそうだけどベッドでは寝させてあげられません。

ハナタロウはとっても気分を害して怒りまくり、でもちびさんはひとしきりママを

探して泣き叫んだ後は眠くなったようであっという間に船を漕ぎ始めました。

 

いやあ、子猫はかわいい、見てると欲しくなっちゃいますねぇー。でもなぁ、

ハナタロウがすでにいるからなぁー、欲しいけどねぇ、無理だよねぇー。ううう。

 

お湯を入れたペットボトルの湯たんぽで、ぐっすり寝た様子。次の日の朝、

ヨーグルトとキャットフードを一生懸命食べるチビ君。

 

CIMG6220

 

またすぐ眠くなったようです。さっさとカゴに入ってまた丸くなって熟睡してしまい

ました。一方チビ君が気になって気になって仕方のないハナタロウ。

 

CIMG6221

 

「もうなんなのこのちっちゃいやつ・・・ぶつぶつぶつ」

 

CIMG6222

 

「この子を飼う気じゃにゃいでしょうにゃ?!」

 

CIMG6223

 

欲しいのはやまやまですが、日本へ出稼ぎ中のハナタロウの世話を誰に

頼むかでも、今から悩むのに、2匹になったらもっと大変。仕方ありませんねぇ。

一泊お泊りして、楽しませてもらってフディスたちに返して来ました。

チビ君はママと兄弟たちに会えてうれしそう。 後日、この子はうちの近所の

エルリンダに無事、もらわれていきました。ハナそっくりのハナタリートくんが

死んじゃったからね。今度はどんな名前をつけてもらうのかしら。

 

「チビ君かわいかったねぇ」

 

「うちに僕は僕一匹でいいのにゃっ!」

 

はいはい。自由に私の膝を独り占めするほうがいいよね、ハナタロくん。

ケージとカゴベッド貸してくれてありがとね。

 

「まだあのチビスケの臭いがするにゃ・・・涙」

 
インヘルトの種で杏仁ジュースだケロ。

こないだ紹介したインヘルト、中に大きな種がひとつゴロリン、と入っています。

 

インヘルトの種とそっくりな種が入っているサポテ、この種でジュースを作る、

という話は知っていたので、インヘルトをくれたオスカルに聞いてみました。

 

「インヘルト、もう食べた?」

 

「食べましたよぉ、ちょっと追熟させすぎちゃいましたけれど。 美味しかったです。

ところでインヘルトの種でも何かできます?すっごい良い香りがしますけど」

 

「へ?! ・・・ああぁ、なんかジュース作るとか聞いたことあるけど、

僕は知らないなぁ。飲んだことないよ」

 

あれれ、あんなに大きなインヘルトの木がどどん、と生えているのに。

 

この種を割ると、白い丸い胚が、とってもいい匂い、なんと杏仁豆腐の香り!

というわけで、試してみました。ジュースを作る、ということだから毒はないわけ

だし、きっとサポテの種も使えるんだからインヘルトも。本家の杏仁豆腐だって

あれはアンズ(杏)の種の芯ですからねぇー。

 

 

CIMG6211

 

「真っ白ジュースだケロねぇー」

 

とりあえず種と砂糖と水をミキサーでガガガガガガガァーっと。

出来上がったのを茶こしで漉して・・・。

 

飲んでびっくり、本当にさわやかな杏仁ジュースになりました。

これは寒天で固めれば杏仁豆腐になるに違いない! まだやっていませんが。

とりあえず種の中身は取り出して、冷凍保存してあります。

飲んでみたい人、作ってあげまぁす。

 

後日、オスカルやリディアに美味しかったよぉ、と言ったら、目を丸くしていました!

 
ニディアの初オーブン体験。

ニディアは昔お手伝いさんとして働いていたところで、そこの奥さんから

強制的に毎月のお給料から天引き貯金させられていたそうです(笑)。

でも、そのおかげで、オーブン付きコンロ台を買うことが出来ました。

 

この国は基本的にお金はある分だけ全部使っちゃうのが普通です。

将来のために貯金する、という概念は本当に難しい。

だから、その奥さんに感謝なのー、とニディア。本当に良かったと思います。

 

うちにあるのと同じ型のオーブンで、Cetron という会社のもの。

色違いで黒色をしています。普段は上のガスコンロでちょっと卵焼いたり、

煮物をしたり、下のオーブンは単なる物入れになっていました(笑)。

一度もオーブンは使ったことがないとのこと。うちはヘビーに使ってるのに

ニディアのオーブンの中の金網は新品そのまま。うちのと交換したい。

 

オーブンを初めて使ってみたい、とケーキミックスを買ってきて、

 

「作り方教えてぇー」

 

というわけで、ある火曜日の晩、7時から。箱を開けて、ケーキ作りスタート!

 

CIMG6209

 

箱に書いてあるとおりに、卵と水を入れるだけなんで、教えるというほどの

ものじゃないんですけれど、まあボウルとか型がないので、道具を持参で

私は見物です。

 

箱に書いてあるとおりに一生懸命生地を作るニディア。手で混ぜる時は

8分混ぜろと書いてある。ほんとかしらねぇ。

 

CIMG6210

 

その後、オーブンに入れて、夕飯を食べている間に停電。真っ暗闇でわいわい

騒いでいたら、かーなり焦がしてしまいました!!! あああ、ごめんニディア。

 

底ががっちり炭化してこびりつき、山盛りに膨らみきっているチョコケーキを

ボッフン、と取り出し(もちろん暗闇の中で)、切り分けるほどでもない

いびつな固まりをみんなで手でむしり取ってはわしわし食べました。

 

今度またリベンジしよーねぇ。ということで夜10時くらいにやっと電気が

来たので、家に帰りました。うちから3分、という近さがうれしいニディアの家。

 
メロンとスイカだケロ。

やっとここから5月分の写真のアップが始まります(笑)。まったく一ヶ月遅れが

いつのまにか一ヶ月半遅れになって、すみませんです。

 

今回はメルカードでスイカとメロンを買ってきました。

大きなスイカも売っていますが、一個15ケツァルくらいしちゃうので

どうせならカットフルーツになってるのを1ケツァルで買って食べるので

十分。

 

とは思っていたものの、小さいのが売っていたので買ってきてみました。

 

CIMG6207

 

スイカは一個Q5, 二個でもQ5。え???

メロンも一個Q5。

 

さて、小さいからなぁ、味はどうかなぁ・・・。

 

と思ったらやっぱり全然甘くなかった(涙)。ケチして安いもの買うんじゃ

ないですね。

 

でもせっかくなのでメロンミルクとスイカミルクにしちゃいました。

ミキサーでお砂糖と牛乳と一緒にじゅびびびび~。

 

「おやぁ、どっちもとっても美味しいケロよ」

 

ほんとだー。ちょっと冒険だったけれど。

 

小さくても量はまあまあ、残りは袋に小分けして冷凍庫へ入れておきました。

これで暑い日はいつでもスイカミルクが飲めます。

レストランでリクアード(スムージー)を飲もうかな、という気になっても、

メロンとスイカはいつも頼まなくて、無難なイチゴとかばっかり選んでいたの

ですが、これはアリだなぁ、と思いました!

 
カカオを食べなきゃケロ。

こないだメルカードで買ったQ6もしたカカオの実。冷蔵庫に放り込んでて

忘れかけていました。おっとっと。

 

まずはこれを割ります。カカオの実はすごい分厚い皮で覆われているので

けっこう固いです。包丁で切るのは危ないくらい。

 

それでどうするかというと・・・。ばっかーんっ! と床でもピラの角でもいいので

叩きつけます。そうすると、パッカリこんなふうに割れてくれます。

このやり方はイサバルにいるときに7歳くらいの女の子がやってるの見て

知りました。

 

CIMG6204

 

「中身が出てきたケロー」

 

CIMG6205

 

このモニョモニョとしたの、ひとつひとつがカカオの種です。この周りの白い

ところは、そんなに多くありません。酸味のある爽やかな味で、トロピカル~、

という感じ。チョコレートの風味なんて0%。

 

これしゃぶるの結構大変なので、お水と砂糖でジュースにしちゃいました。

 

CIMG6206

 

「甘酸っぱいケロねぇー」

 

とってもおいしいです。種は一応乾かしてみました。でも後で知ったんですけれど

乾かす前に発酵させるんですってね、あらまぁ。

 
木の上に・・・。

ふと木を見上げたらこんな光景が。

 

CIMG6202

 

よく見るといっぱい何かいるの分かりますか?

 

夕方だったんで、もうニワトリさんたちが寝る時間だったようです。

ニワトリはだいたい4時半から5時ぐらいにねぐらに戻って行きます。

放し飼いにしていてもちゃんと自分のおうちに戻ります。

 

そして、ちょっと高いところにある止まり木に登って落ち着くのですが

この家のニワトリは庭の木がねぐらなんですね(笑)。

 

 

CIMG6203

 

ちょっと離れて見るとあんまり分かりません。

 

メンドリはkaxlan、 オンドリは tzo’ kaxlan(オスのニワトリ、という

言い方をしている)。メンドリが主体の単語です。kaxlanは外国の、という

意味もあるようで、スペイン語はkaxlan aatin 、ニワトリの言葉、という

意味ではありません(笑)。しかしなぜまたこんな同音異義語が。

 

生きたニワトリはよくメルカードでも売っています。オスがだいたいQ130、

メスはQ80くらいなんだそうです。ヒヨコは地鶏で生まれたクリオージョが

Q20くらい、ニワトリファーム育ちの大量に箱に入って売っているのはQ10

くらいとのこと。大きくするまでの餌代とか、その値段でもうけがあるのかしら?

それに、自分で〆て食べるより、丸ごとのチキン買うほうがよっぽど安いと

思うんですけれどね(そして簡単)。

 
これが ラッシュトゥル。

前にオスカルからいっぱいもらって、頭に乗っけて遊んだりしていたインヘルト、

ケクチ語名は rax tul です。

 

CIMG6199

 

追熟させて食べるのに、すっかーり忘れてました。

大慌てで皮を剥いたけれど、ちょっと食べごろを過ぎちゃったなぁ、残念でした。

 

グアテマラにはサポテと呼ばれる大きな果物(小さめのもあるけれど)が

あります。外見は違いますが中の種は大きさは違えど、ほんとそっくり。

たぶん近種なんでしょうね。ビワの種のようにつるりん、と実から外れます。

この時期は道の端っこあちこちにこの種が転がっています。

 

オレンジ色の果肉は、本当にビワの風味と柿の風味を足したような味で

まあ好き嫌いは分かれるのかもしれません。

私はまぁまぁ、もうちょっと食べごろ過ぎてなければ、美味しかったんだけど(笑)。

 
こんにちは。

お隣の家はもともと大家さんとは親戚なので、庭もそのまま続いていました。

私たちが借りる事になって、ありあわせのトタン板と木の板で敷居を分けて、

ですから入居したときからお隣は全く見えません。

 

どうやらウィスキル(ハヤトウリ)がいっぱい成長しているようで、時々向こうから

つるを伸ばしてやってきます。

 

CIMG6190

 

なんかよっこらしょって登ってきてるみたいです。

 

「どうもー。こんにちはお邪魔します」

 

このハヤトウリのつるの先30cmくらいは美味しく食べられるので、メルカドでも

けっこう大きなひと束がQ1で売っています。味は山菜っぽいかんじで、

しゃきしゃきけっこう美味しい。一番先端5cmくらいは天ぷらとかにしても

美味しいですし、葉っぱはさっと塩ゆでするとシャキシャキしたおひたしになります。

ハヤトウリはケクチ語で ch’ima チッマ です。そしてこのツルの方は

スペイン語ではpunta de guisquil (プンタ デ ウィスキル ちなみにウィの

ところのuの上には点々が2つ付くのですが、打ち方わからず)。ケクチ語では

ru’uj ch’ima ルウッフ チッマ です。ルウッフというのは端っこ、先端を

意味するらしく、指なんかも手の先端、という言い方します。なるほど、と思えば

なるほど。木の枝も ru’uj che’ 。覚えちゃえば簡単。というか、こんな生活単語

ばっかり覚えています・・・。 文法と動詞はそっちのけ(笑)。

 
蝿だと思ったら。

あいかわらずハエの多い我が家、といっても普通の家に比べたらずっと少ないの

ですけれども。毎日ハエたたき、ハエが落ちたらすかさずハナタロウを呼んで

食べさせて掃除させます。自分でも時々取って食べていますが、基本的には

私たちに取らせて自分は食べるだけ、のほうが好みの贅沢猫。ハエがいると

「取ってぇ、ねえ取ってよぉ~」と鳴いています。

 

なんか特別大きなハエが入ってきて、まったくもう。渾身の一撃でやっつけたら

あれ?ハエじゃなかった。

 

CIMG6198

 

これは写真が下手くそなのでわかりづらいですが、青緑色のきれいな体をした

蜂の一種です。アブっぽくもありますけれど。

 

これが太陽を浴びて飛んでると、きれいなんですけれどね。ごめんねー殺しちゃって。

 
石窯作り続き。

前回作りかけで止まっている石窯、見事にばっきり割れています。

それをなんとか修復しつつ、続きをがんばります。

 

CIMG6187

 

中に天パン置く場所を作って、どんどん粘土を盛っていきます。

ちょっと今回は柔らかくしすぎたかな?

 

CIMG6188

 

だいぶ上まで出来てきました。

 

CIMG6189

 

天井あたりはほんとうに難しい。

 

CIMG6192

 

濡れた手で撫で回したので、ぴっかーと光っています。乾けばまたガサガサに

戻るんですけれど。

 

上はこんな感じ。

 

CIMG6193

 

中から見た穴。

 

CIMG6195

 

これでまた乾くまで放置。

 

結果、もう一ヶ月以上経っていますけれど、まーだまだバッキバキに割れたのを

修正、修正で、とても使えません(涙)。難しいですねぇ、石窯作り。

いつか使えるようになるかしら。

 
こんなの買ったケロ。

久しぶりのケロリ登場です。ごめんねケロ。

 

CIMG6186

 

「これなんだケロ?」

 

カカオの実です。メルカードでおばちゃんが売っていたので、高いけれど

買っちゃいました。ひとつQ6もします。この辺じゃ一切取れないので、

たぶんチセック(コバンよりもっと向こうの町、暑いらしいです)か、

ランキンあたりから持ってきてるのではないかと思います。

 

これ、甘酸っぱくてライチっぽいようなそういう系統のフルーツの味がして

美味しいんですよね。

 

「食べるの楽しみケロね」

 

果肉部分はほとんどなくて、カカオ豆の周りをしゃぶるだけだけどね。

 
石窯作りスタートです。

パンを焼いたりピザを焼いたり、最近はせめてガス代と卵代くらいだけでも

稼ごうかと始めたお菓子作り、ガスオーブンを週に4回くらいは使っています。

別にだからというわけではないのですが、家の裏に石窯でも作ってみようかと

思い立ちました。

 

石窯、といっても粘土窯です。これも石窯って呼ぶらしいです。

粘土は家の裏の崖をちょっぴり崩して調達、やはり家の裏に転がっている

改築工事の残り物の鉄棒などでまずは骨組みを作ってみました。

 

CIMG6175

 

これに、庭に大量に生えているシダを刈り取ってきて葉っぱをむしり取り、

この茎をいっぱい絡ませました。

 

CIMG6178

 

「にゃんだこれ?」

 

粘土に石灰を適当に混ぜて足で踏んで練り、ちょっとずつ盛っていきます。

 

CIMG6180

 

この辺で日が暮れたので、続きはまた今度。

相当ヒビが入る予感・・・。

 
お昼に呼ばれました。

アルミータがお昼を呼んでくれました。ブランカと一緒にカックイシムチェまで。

ご主人のノエが家を建てて、となりにアルマのパパのダビッドとママの

マルセリーナの住む、ダビッドが自分で建てた木造の2階建てが

うまくくっついています。トイレ、シャワー、洗面所は共同。台所も、別に

あったんだけど、結局アルミータのところでいっつも一緒に作ってるみたいです。

二階はテラスに二部屋。日本式に部屋にはいる時は土足禁止、めずらしい(笑)。

テラスにはハンモックもかかっていて、とっても気持ちがいいです。

カックイシムチェのいちばーん奥で、だから音もなんにもない。

いつでも近所から大音量のラジオ、教会の騒音、イヌやニワトリ、ブタの

騒ぐ音に囲まれている我が家とエライ違いだ・・・。いいなぁ。

 

CIMG6170

 

作ってくれたのは”ラビオリ”。 大きな筒状のパスタに、刻んだ野菜を詰めて、

卵とじにして揚げたものをトマトソースで頂きます。なかなかおいしかったです!

 

ノエリアちゃんのうさぎさん。うさぎはケクチ語で imul 。

 

CIMG6169

 

まんまるおまんじゅうみたい・・・雪見だいふく?!

 
頭の上に・・・。

物をのっけるのはグアテマラ女性はお手の物(全員ではないですが)。

 

ということで、マルセリーナおばちゃんと一緒にオスカルの家に寄った時、

そこでもらった果物を頭の上に乗っけてみました。

 

CIMG6164

 

チェリさんは悠々と乗せてますが、私は・・・。

駄目だ、重すぎる・・・首がひん曲がりそうです。

貰った果物はインヘルトという、ビワと柿の合いの子みたいな味のもの、

まだカチカチですが、これを追熟させてブジュブジュになったら食べごろです。

スペイン語(グアテマラ語かも)はinjerto 、ケクチ語では rax tul といいます。

意味としては緑のバナナ、なんですけれど、なんでこんな名前なんでしょう。

見た目まったく違います。インヘルトの写真はまたそのうち。

 

結構大量にくれたので、ちょっと頭に乗っけて遊んだだけで、首筋痛めかけ、

にわか仕込みの頭乗せは無理でした・・・。

 
自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。