2013/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
なんかすごいことになってます。

リディアの家の玄関。なんか家の中からとうもろこしが溢れております。

 

DSC00314

 

とうもろこしを茎についたままある程度乾かして、それから収穫することを

タピスカール(スペイン語)といいます。リディアとホセドミンゴも自分の土地から

収穫してきてただいま皮むき作業中だったわけです。剥き終わったら

少し残した皮を結んで、どんどん引っ掛けて乾かしていきます。

 

DSC00315

 

未だに全部手作業のとうもろこし(マイス)収穫作業、これからひと粒ずつ手で

実を外すという作業があるのです。このとうもろこしのことをケクチ語でixim イシム

と言い、この実を外す作業のことを言う動詞は iximak イシマック と言います。

何はともあれ大変な作業です。

スポンサーサイト
 
いのんど。

たしか聖書にも出てくる「いのんど」。日本ではディルという名前のほうが

有名です。スペイン語では エネルド といいます。

 

DSC00311

 

メルカードでアメリカからの種を売っているのを見つけて蒔いてみました。

日本でも何回か育てたことがあります、自家製ピクルス作るには欠かせません。

 

日本ではプランターで植えた経験しかないのですが、確か移植を嫌うことと

けっこう背が高く伸びる、というのは覚えていたので、適当なところに直蒔き

してみました。

 

無事大きく育って、今では1メートルを軽く超え、ただ今種が熟すのを

待っているところです。そうそう、ピクルスも結構な回数作りました。

作ってはどんどん食べちゃうので、あっという間に無くなるのですが。

日本の浅漬みたいな感覚です。

 
ドーナルドの家で夕ごはん。

ドーナルドの携帯番号から電話が。

 

「もしもーしぃ? 誰かわかるー??」

 

へっ?ドーナルドじゃないし。誰ですか。

 

なんか アントニオが休暇でコバンに来ているので、チャメルコまで

遊びに来たとのこと。

 

「夕飯おいでよー」

 

はぁい、ありがとうございます。

 

DSC00302

 

わさわさと男性の多いこと。ドーナルドの家は窓がほとんどない構造で

しかもなんともひどい作りの家を借りているもので、薄暗いのですが

まあ安いのが唯一のとりえです。一応一軒家で月500ケツァル。でも

それにしてもなんかそのうち崩れるんじゃないかと思われるような家です。

フレディという若い子が居候しています。

 

薄暗い中でゲラゲラとケクチ語が飛び交います。

 

DSC00303

 

アントニオが似顔絵を描きはじめました。

 

「ケロリ描いたげるねぇー。」

 

DSC00305

 

けろけろ・・・けぇ。似てないケロよぉ。

 

DSC00306

 

「今度はドーナルドのこと描いてあげるねぇー。」

 

DSC00307

 

光る画面と本人の顔を同時に撮るのは難しいですね(笑)。

 

DSC00308

 

「今度はリツのことも描いてあげるねぇー」

 

どきどき、すごい顔にされるんじゃ・・・された!

 

DSC00309

 

「もう一回描いてあげるねぇー」

もういいですよ(笑)。

 

DSC00310

 

うむ。なんか赤ちゃんみたいですけれど。

 

というわけで、ケクチ語の文法やらなんやらも教えてもらい、いろいろな文を

翻訳をさせられ、いい勉強にもなった夜でした。

 
部屋を模様替えしました。

この家に引っ越してきて10月でちょうど一年です。引っ越してきた時に

3部屋あるうちの一部屋を寝室、もう一部屋をウォークインクローゼット兼物置、と

してきました。

 

1年たってもまだ慣れないのが、ちょうど寝室にしている部屋の向こう側、

崖なのですがその上に立っている家から流れてくる大音量のラジオです・・・。

なんでそんな大きな音でかけなくちゃいけないのかしら、と不思議なほどの

音量。ラップのように早口でしゃべりまくる低音の男性の声とがしゃがしゃした

音楽、そして教会牧師の説教らしきもの、ひどい時には朝5時からかかります。

 

でもこういう近所迷惑になるほどの音量をガンガンかけるのが、近所迷惑という

概念のないのがこの国なので、音量を下げるよう言ってもきっと理由がわからないと

思うのです。この騒音問題は、けっこう他の場所の日本人も悩んでいる話を

ちらほら聞きますので。そして、グアテマラ人に言っても、それのどこが問題なのか

という顔をされるのもしばしば。というわけで、私たちもこのことで近所さんと

話したことは一度もないのですが。

 

というわけで、まあ隣の部屋だけど、ベッドの位置を変えてみることを、いまさらながら

思いつきました。荷物の部屋とそう取っ替えです。ついでに大掃除もかねます。

華太郎は急な模様替えに慣れず、でも眠気には負けたようです。

 

DSC00299

 

というわけで無事隣の部屋に変わった寝室で私も昼寝をしてみよう・・・うむ。

 

あいかわらず大音量のラジオは聞こえるのでした。ふいー。

 
風船もらってきました。

ダビッドたちのお家から帰るときに、ノエリアがケロリたち用にって

緑色の風船をくれました。

 

つぶれるケロー。

 

DSC00283

 

ハナタロウが遊び始めました。

投げるとわさわさ興奮していましたが、それほど遊ぶのは上手ではありません。

 

うへっ来たにゃっ!

 

DSC00287

 

グアテマラの風船がみんなそうなのか、よくわかりませんが、この風船、一ヶ月

以上たってもまだ部屋の隅に転がっています。空気ってこんなに抜けないもの

でしたっけ。

 
また華太郎がなにかやらかしています。

いつでも能天気にしている華太郎です。

 

IMG_0483

 

ある晩、基本的に使っていない部屋で がっしゃん!との音が。

どうしたどうした、と覗いたらこんなことになっていました。

 

IMG_0490

 

ちょっとちょっと、写真撮ってにゃいで助けてにゃ。

 

IMG_0491

 

最初のうち、玄関ドアを換気のために開けたいけれど、猫は外に出したくない、

とのことで作ったドアにはめる金網ですが、もう使わなくなっちゃったので

壁に立てかけていたのです。何かに興奮して走り回っていた華太郎が

そのまま突っ込んでいってぶつかって、それで上に倒れちゃったようです。

 

どうも自力では下から這い出られなくて、きゅゅゅうん、と鳴いていました。

でもそれほど痛くはなかったようです。

 
グアテマラの青みかん。

10月になって、メルカードのあちこちで山盛りのみかんを売るようになりました。

値段もとっても安くて、3つ、4つ、もしくは5つで1ケツァル(13円)です。

大きさによりますが、うちではいつも買うのは4つで1ケツァルの分です。

大喜びでいつも3ケツァル分くらい、12個買ってきます。そしてばくばく食べています。

 

DSC00423

 

別の日にはおばちゃんがランキンから持ってきたというミカンを売っていて、

ケロリとコケロリが持っているのがそうです。ちょっとデコポンみたいな見た目

ですが、これはかなり美味しかったです。こちらはひとつ1ケツァルくらいします。

 

それにしても私が幼稚園の頃、30年前はまだ日本もこんな青いミカンだったと

記憶がおぼろげにあるのですが、今じゃ殆ど日本では見ないですね。

今日本で冬に出回る温州みかんのオレンジ色とは全然違います。

 

とくにこれがびっくり。

 

IMG_0487

 

これでみかん3つ分の種です。一つにつきだいたい20~25個の種です。

食べにくくて大変ですが、まあ貴重な安い果物ですから時期が終わるまでは

みかん三昧です。

 
頼まれた丸パンです。

なんとか、ていうお菓子にするんだと言っていましたが、なんだったかな。

じっとりと蜜を吸わせて揚げたような、そんなお菓子にするんだそうです。

太りそう・・・。

 

DSC00169

 

というわけで、注文されたパンを焼き上げました。まあまあ可愛い丸パンに

なりました。

 
ケロリとコケロリのために?・・・ピザ作り。

ピザを作るといっつもケロリと写真を撮ってたので、新しいオオケロリとも

撮らなくちゃ(笑)。

 

DSC00127

 

上の写真、左上のはピザに入れてません。これはフリホール ティエルノ という

まだ熟れていないフリホール豆で、いつもの熟れた豆よりちょっと瑞々しい味が

します。これは塩茹でにして、スープなどにして食べました。

 

DSC00128

 

ピザができたケロよーっ。

 

DSC00130

 

美味しそうだケロねぇー。

 

DSC00131

 

ついでにこんなお菓子もかじりながら、ペプシ飲んで、今晩はジャンクな食事ですね。

チーズがちょっと高いけれど、それ以外は安くつくので、ピザはお手軽でいいです。

今度、エロイサとブランカがピザ作りたいらしいので、一緒にやる予定です。

 
またオモチャが出てきたニャン。

だから、うちに出たら命はないよ、って言ってるのに(笑)。

 

DSC00136

 

にゃっほーう。

 

DSC00138

 

もう動かないにゃん、つまんないにゃん。

 

DSC00139

 

・・・最後まで責任持って片付けてください。

 
時々は床の掃除も。

グアテマラの家はもちろん土足、でもうちはちゃんと靴を脱いで生活しています。

そのほうが絶対掃除の手間が省けて、時間だって節約できますからね。

 

家の周りはもちろん泥だらけでも、靴を脱ぐおかげでそれほど汚れずに済むので、

家の中は掃き掃除ばっかりですが、ときどきはちゃんと水拭きもしなくては。

 

DSC00124

 

床にあるものもみんな上に上げて、ひさしぶりに、セラと呼ばれる

水ワックスも塗りました。乾いたところを磨けばピカピカに!

 

DSC00125

 

というわけで磨いてる最中、写真に撮られていました(踊ってました)。

 

DSC00126

 

古い家ですが、昔の人のほうがこういう床を作るのは上手だったそうで、

まだまだきれいなものです。端に見える白い部分は、表面が悪くなって

来ているところです。本当は大家さんがタイル貼ってくれれば

うれしいんですけどねぇー。

 
納豆とマカダミア。

こないだもらったマカダミア、割ってみたらものすごく新鮮でびっくりです。

 

DSC00112

 

こんな大きさです。

 

DSC00113

 

このまま口に放り込むと、シャッキシャキです。ほのかな甘味と、生のマカダミア

ならではの風味がとっても美味しい。ほんと、ローストより絶対このほうがいい味です。

 

納豆を首都から買ってきたので、食べた後の容器についてる納豆菌を使って

ピロイ豆で納豆を作ってみることにしました。

 

まずは水煮したピロイ。

 

DSC00103

 

これを少し、空の納豆容器に入れてグルグル混ぜて、もとに戻します。

一日台所に放置しておきました。

 

一日後・・・おぉ、無事できてるー♪ ちゃんと糸も引きますよ。

主人は納豆はそんなに好きじゃないので、私の専用です。ふっふっふ。

できれば大豆を手に入れて作らなくちゃ、ですね。どうやらコバンのメルカードでは

売っているという話でしたが、どうもなかなか探しに行けません。

 
これはチョコパンダですケロ。

ネスレが出しているチョコレートドリンクがあるのですが、実はグアテマラには

こんなのもあります。

 

チョコパンダ。

 

DSC00108

 

これのほうがずっと安くて、しかもネスレのネスクイックより美味しく感じます。

なぜかというと、こっちはちゃんと塩分が入ってるから、塩って大事ですね。

ネスレのは塩が入ってないので、間の抜けた甘さなのです。いつも塩をひとつまみ

足して飲んでいたのですけれど、チョコパンダならそのままでOKです。ははは。

 
うんしょっとニャ。

窓が開いてると外をのぞくのが好きな華太郎。

 

DSC00087

 

お外に行こうかなぁー。

 

DSC00088

 

やっぱりお家に入ろうかにゃ。

 

DSC00089

 

いつもこの格好になるけれど、さすがに無理なのを、いい加減に覚えないのかしら。

結局一回外に降りて、もう一回ジャンプして登ってくることになります。

 
これは・・・柿だケロねぇ。

どこにあるのか、この時期、柿売りがどこからともなく現れるのです。

名前はペルシモン。ペにアクセントが来ます。

 

柿といっても高級品、なんとこの小ささで一つ2.5ケツァル!!!

だって、みかんが4つで1ケツァルなのですから、高級品ぶりがわかります。

 

DSC00078

 

たぶん2度と買わないから、一応記念写真です。

 

DSC00079

 

そして、味は、渋い。日本のあま~い柿が食べたいなぁ。

 

DSC00080

 

ついでに最近焼いたパンの写真も。これは普通のミルクパンです。

いつもパウンドケーキ型に入れて焼いて、この大きさで10ケツァルで売っています。

 

グアテマラにも梨だっていちごだってりんごだって枇杷だって、そして柿だって

あるんですけれど・・・みんな野性味あふれる味、改めて日本のバイオテクノロジー

というか、品種改良に掛ける情熱ってすごいですよね。10月はミカンの季節ですが

これまた、日本の30年前の青みかん、を彷彿とさせる味です。一個のみかんに

つき平均25個の種があります。

 
ケロリの代わりに買ったカエルさん。

ケロリのことは、けっこう昔から、どっかで売っていないかしらと探してみたりは

していたのです。インターネットでもだいぶ探したし。

 

でも、本当に見つからないんですよね。まぁぬいぐるみなんて大量に

出回っているのですから仕方ありません。それに、付いていた会社名のタグは

何年も前に擦り切れて跡形もなくなくなっちゃったのです。ANIMAL なんちゃら、

という名前の会社だったのは覚えているんですけれどね。

 

ケロリがいなくなってから、またインターネットで探しまわったけれど、やっぱり

10年も前のですから見つからず。でも代わりに、アメリカのFOLKMANIS という

マペット専門会社を見つけました。

 

IMG_0345

 

で、買ってみたのですけど、グアテマラには届かないでしょうから、日本の実家に

送ります。

 

母から届いた写真。みやびひめとのツーショット。うひひひ。

 

この写真だとあんまり可愛さが分かりにくいので、ホームページの写真はこちら。

・・・小さい写真だけどこんなのです。かわいいでしょ?

 

41INxKJDCDL._AA160_

 

母曰く、ものすごーーーーーく!可愛いらしいです。何しろ、指がちゃんと

あるのが可愛い。布もなんか、ほんとのカエルっぽいらしくて、母が

 

「かわいーかわいー、ほんとかわいーよー」

 

と連発していました。これで後ろ足も付いていたら完璧だったのにねぇ。

 

ちなみに、ケロリがいなくなったあと、母も似たようなぬいぐるみを随分

探してくれたそうで、なぜかラッコのぬいぐるみを買ってくれたそうです。

それも可愛いので、名前はコラッコだって。あれ、そういえば私、まだ

コラッコ見てません。今度見せてもらおうと思います。

 
自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。