2014/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
掃除洗濯掃除洗濯。

月曜日は掃除洗濯におおわらわ。

幸い晴れました。これからどんどん雨のひどくなる時期、

晴天は貴重です。とくにそれが月曜日になってくれれば最高。

DSC04266

 

かび臭い洋服をもう一度洗いなおして、日に当てて。

服を詰め込んでいた段ボールもそろそろ捨てようと思います。

 

 DSC04267

 

今までに何往復したかしら、日本グアテマラ間。トランクと同時に

段ボールでも荷物を持ってきていたので、日本からの箱がいっぱいです。

アリのマークの引越社の段ボールをグアテマラで見るのも面白いでしょう?

でも、燃やしてしまおうと思います。あちこちガムテープで補修して

使っていましたが、もう限界。カビ菌も付いていそうだし。

 

DSC04268

 

なんだかあっちこっち片付かないですにゃあ。

 

コバンで買ってきた貴重品のそら豆。この10月と11月の時期しか

手に入りません。なぜなら11月1日の死者の日には、フィアンブレと

呼ばれる贅沢いろいろサラダを作る習慣があるからです。

 

DSC04269

 

塩ゆでして冷凍しておきます。またそら豆のポタージュを作りたいな。

去年1度作ったきりですが、あれは美味しかったです。

スポンサーサイト
 
ケロ子ちゃんです。

ケロリたちを作るには、パカ(アメリカ中古品屋)で服を探してきます。

同じ服が再び見つかることはあり得ないことなので、全く同じケロリーズたちを

作るには、同じ服から布を取るしかありません。似たような布でも、微妙に

伸縮性が違ったりして、縫ってみると違う顔になるものなのです。

 

一番最初に作ったケロリが、結局私の大事なケロリさん(このブログの名前にもなっている

オオケロリです)になってるわけですが、同じ布でコケロリを数匹作ったおかげで、

もうほとんど布がありません。起毛なので、毛並も考えないといけないし、中古服なので

色が褪せていたりシミがあったりする部分は使えないし。

 

うーむ、顔くらいならなんとか作れる量が残ってるけれど・・・。

 

DSC02949

 

というわけで、体の分まではなかったので、四苦八苦しつつ手足分の布を取っておしまい。

苦肉の策で、体部分は私の破れたブラウスから作ってみました。普通に一枚の

布で体と手足を作るので、かえってとても面倒くさかったです。

 

ありゃ、どうも女の子になっちゃった。じゃあレースもつけてあげよう。

 

えへ。

 

 DSC02950

 

ケロリたちはオオケロリもコケロリも、みんなマペットになっています。

ブラウスについていたボタンを付けてあげようか。もうちょっと

ワンピースっぽく見えるかな?

 

ケロリのお腹の詰め物貸してね、座らせてみるから。

 

DSC02951

 

こ、これは誰ですケロ・・・。

 

DSC02952

 

こうやって撮ったらこりゃ結婚式ですね(笑)。

 

DSC02953

 

ケロリは結婚しないケロ!!!

 

この女の子はマレーシアにいる妹へあげました。

この水色の服の部分、ブラウスは昔シンガポールのU2000というお店で買ったもの。

そして顔の布はアメリカからだし(たぶんメイド イン チャイナ)、グアテマラで縫われて、

マレーシアに行くってなんともはやな話ですなぁ。

 

カエルはケクチ語で アモッチ もしくは コーポポ。

 
みんなでピザパーティ。

ピザが好きな人は多いですが、チーズが高いし、サラミなども高い。

そしてオーブンがないと作れないので、みんなの高嶺の花。

 

コバンにはピザハットもあるのですが、やっぱり普通の日給からすると

とてもとても食べられません。

 

でもピザピザピザ・・・と騒いでいるフディスとヘレンのために、家で作ることに

なりました。そのほうが安くつきますからね。

 

DSC02764 - コピー

 

生地を伸ばしていろいろ乗せる作業を手伝ってくれています。

 

DSC02765 - コピー

 

焼きあがったそばからぱぱぱっと手が出てあっという間になくなります。

次のが早く焼きあがらないかなぁー。

 

DSC02766 - コピー

 

 

フライドポテトとオニオンリングも作ったので、けっこう男たちの胃袋も

いっぱいになってきてくれたようです。

 

DSC02768

 

ニンニクが食べられない、という制約のあるフディスですが、それでも新しい

味にチャレンジしてみるのは好き。オレンジページの写真を一生懸命見て

作れそうなレシピを探しています。まあ手に入らない食材多いですけれどね、

味噌とか塩麹とか(笑)。

 

DSC02769

 

しっかりピザを堪能して、大満足で帰っていきました。よかったよかった。

費用を頭数で割るのを忘れたけれど、もういいや。ルイスだけ払ってくれました(笑)。

ごめん、ありがとうー。

 
一時帰国から帰ってきました。

5月末からちょっと長期で日本に帰ってきました。

ここで生活するための資金稼ぎです。帰国は10月の15日。

 

水曜日にグアテマラシティに着いて、木曜日にチャメルコまで帰ってきて

金曜日からやっと家の掃除です。

 

コバンのプラサマグダレーナの中にあるプラサという、

ウォルマート系列のスーパーで買い物をしていきます。

いろいろここにしかない調味料など買わないと。

ワインビネガーとか(お酢はほんと、普通に出回って

いるのは

クエン酸で作る人工酢ばっかりなのです)。

 

こんなの売り始めていました。なんじゃこれ。買わなかったですが。

 

DSC04238

 

置いておいたフライパンが全然ダメになっていて、引っ付いて仕方ない。

あたらしく買ってきました。アメリカ製ですが、なかなかよさそう。

大は小をかねる!と大きいのを買ってきましたが、約1500円。

 

大きいケロね。

 

DSC04239

 

使い始めて気づいたけれど、大きすぎて蓋ができません。

そのうちもう一回り小さいのも買います。意外に使い勝手は悪くない

フライパンでした。

 

さらにチャメルコへの帰り道、ここチャメルコの特産品(?)で、

おそらくグアテマラ全国で知られている紅茶、チレペコの直売所に

寄ります。ここの紅茶はオーガニック。ブラックティー一辺倒ですが

なかなか美味しいお茶の葉を作ります。

 

 DSC04240

 

半リブラ、つまり240gほどのお茶の葉、これで20ケツァルちょっと

だったかな?300円ほどです。安いでしょう?

 

DSC04241

 

贅沢に葉っぱを使ってお茶を飲めます。この紅茶は今回の一時帰国の際

朝に紅茶がないと一日が始まらない母のために買っていきましたが、

かなり美味しいと好評でした。

 

じっくり出すと、自然の甘みと香りがしっかり出るお茶です。

チャメルコに来るならお土産はこれがお勧めです。

 

DSC04242

 

グアテマラといえばコーヒー。地元の人も当然コーヒーは飲むのですが

(少量の粉を大量の水で沸かす、煮出しコーヒーで、大して美味しくない)

ここチャメルコの人は、紅茶を飲む習慣もかなりあって、3:1くらいの

割合で紅茶を出される確率のほうが高いです。この葉っぱすこしと、

テ デ リモンと言われるレモングラスを煮出したお茶です。

不味くはなくて、むしろ好きですが、できれば砂糖は各自で好きに

入れる方式にしてくれるともっと嬉しいです…大抵甘すぎ。

 

ドーナルドが、一緒に夕飯どうぞと呼んでくれました。

 

DSC04243

 

カックイックとティユッ。どちらもドーナルドはよく作ってくれるので

何回か食べたことがありますが、有名なスープの割にカックイックは

意外に首都のほうの人は食べたことがなかったりするのです。

彼らも喜んでいました。そして、ティユッに関しては、ケクチの郷土料理

ですが、本当に有名じゃないので、ほとんど知られていません。

カックイックとティユッのケクチ語のスペルは kaq ik と yu。

おそらくyuのほうを食べたことのある日本人はほぼいないでしょう。

 

半日留守にしたら、4か月半もこの家で一人で留守番を

していたものだから、また置いておかれたかと心配で挙動不審に

なっていたハナタロウ。

普通に戻るにはもうちょっとかかりそうです。ごめんごめん。

 

DSC04245

 

トランク6つ分ぎっしり詰まったものと、段ボールにしっかりしまってあったもの、

全部片付けるのにわさわさしています。これでもだいぶ片付いたところです。

 

 DSC04246

 

それにしても金曜と土曜日が晴れてよかった。カビ退治大変です・・・。

 
コバンコーヒー。

日本でもどんどん知名度があがっているグアテマラコーヒーですが、

グアテマラ国内には主に4か所、有名なコーヒーの産地があります。

そして、それぞれの産地、またそれぞれのコーヒー農園で、味が全然

違います。それを適当にブレンドしてあるのが、日本のグアテマラコーヒー

なのですが。最近はコーヒー農園名を明記したブランドも見かけるように

なってきましたね。

 

さて、コバンのコーヒーは、どちらかというと酸味のある豆です。

 

 

・・・と知ったかぶりですが、実はあんまり私自身はコーヒーは飲まないのですけれど。

 

DSC02734

 

コバンで売っているオーガニックのコーヒー、これが一番安いし、袋も可愛い。

日本へのお土産にいいね、ということで、主人が買いに行ってきました。

そうしたら、一生懸命にローストしたてを持ってきてくれて、その場で袋詰めして

さらにこの口の部分を手縫いで一つずつ縫わなくちゃいけないので、

主人の帰りはとっても遅くなりました。やれやれ(笑)。

 

ちなみにこのコーヒー豆を売っているお店は地球の歩き方とかには

出ていないので、きっと知ってる日本人はほとんどいないだろなぁ。

 

普段飲み用の豆は、ここのひとつグレードが下がったのを

使っています。別に内緒でもないので、場所を知りたい人には

喜んで教えますよん。

 
ラーメン作ります。

冷凍庫を掃除していたら、巨大なシチメンチョウの太ももの骨や、豚の骨、

鶏ガラなどが出てきたので、これを適当に煮てラーメンを作ります。

 

庭に生えているニラの一種、野菜として使います。

 

DSC02720

 

シチメンチョウの骨をトンカチでかち割って鍋に入る大きさにしました。

ぐつぐつ煮込んで、まあまあ獣くさいです。

 

DSC02721

 

麺は、日本から持ってきてあった貴重品の棒ラーメンです。そろそろ日本に一時帰国だから

奮発して使ってしまいます。

 

DSC02722

 

出来上がりの写真がありませんでした・・・。味はなかなか良くて、満足して

食べ終えました。願わくば、チャーシューも作っておけばよかったなぁー。

 
コーヒー飲む?!

冗談ですけれどね。

 

この水はミルクコーヒーより濃いですね。

 

DSC02708 - コピー

 

しばらく出していたらここまで回復したけれど、この後は、これ以上良くならなかったので

これで数日間生活しました。

 

DSC02709 - コピー

 

水があるだけいいんですけれどね。リオドゥルセにいたときは、水がなくて

困っていたので、それよりはマシです。料理には一応素焼きの瓶で濾して

使いますが、顔洗ったり歯磨きしたりシャワー浴びるのは、もう面倒なので

このままで。

 

食器もこの水で洗ってるから、さぁきれいになってるのかは

疑問ですね(笑)。でもお腹を壊したことはほとんどありません。

 
自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。