2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
レイジェスたちとトルティージャづくり。

なぞってネコちゃん! をやってるレイジェス。

 

CIMG6798

 

この日は彼らのトルティージャづくりの日だったので、妹のニディアが先に

始めました。彼らは週に一回、一週間分を一気に作って、冷蔵庫にしまっておきます。

これは娘たちの仕事、イサベルママはもう手伝わないみたい(笑)。

ふたりとも上手です。

 

CIMG6799

 

私も手伝わされました。相変わらずむずかしい・・・。でもついこないだ

マルセリーナのところでやったばかりなので、やっぱりちょっとは手が覚えていて

まあなんとかなんとか。

 

小さいのは仕方ないということで。大きく出来ないんですよね、大きく伸ばすと

端から崩れてきちゃうんです。どうしてかなぁ~。ニディアはものすごく大きく

作ります。このトルティージャの大きさも、各家庭で結構違って、例えば

オスカル兄弟の家もものすっごく大きい。マルセリーナたちのは一般的なサイズ。

でも首都の方とかアンティグアのほうはかなり小さめに作るので、あっちのほうで

食べるととっても損をした気分になります(笑)。

 

ちなみにリオドゥルセでは1ケツァルで4枚だったのがそのうち値上げに

なって1ケツァル3枚でしたけれど、ここは相変わらず1ケツァルで4枚買えます。

町中にトルティージャを売っている人が大量にいるので、その人達が結託して

一気に値上げしないと、恐らく値段が変えられない、というのが真相じゃないかと

思います。実際トウモロコシの値段は上がってるはずですしね。

まあ買う方としたら1ケツァルで4枚買えるのはうれしいですけれど。

 

CIMG6801

 

この、熱々のコマルで焼けているトルティージャを手でひっくりかえすのがまた

本当に難しいです。どうして皆の手にぴとーんとひっついてくるのか、まったく

分かりません。私に何回もやらせようと、ニディアがコツをおしえてくれるのですが、

まず熱すぎて無理です!!!

 

「なんでできないのー?ほら、こうやるんだよー」

 

とニディアがやると、おとなしく彼女の手の平にくっついてくるトルティージャ。

私が触るとぺとりともひっついてこない。なんででしょう。

 

「手を水で濡らしたら?」

 

とのアドバイスも、全然だめ。熱すぎて指も手のひらも我慢できません!

 

CIMG6802

 

ケロリ用のトルティージャももらってきたよー。

 

CIMG6803

 

なんか大きさ全然違いますね(笑)。この大きさまで端が崩れず丸く伸ばすのは

私には絶対無理です。上にある小さいのが私の作った限界の大きさのです。

 

CIMG6805

 

美味しいケロねぇー。

 

この日のご飯はペルー料理のアヒ デ ガジーナ。

インカコーラは手にはいらないので、代わりにこんなもの。

 

CIMG6806

 

タマリンドソーダ。なんだこりゃ、なかんじですが、話の種に買ってきました。

このCarnavalという会社のジュースはレモネードとオレンジエードがけっこう

美味しいです。が、長いこと買ってないなぁー。

 

CIMG6807

 

タマリンドは本物が冷凍庫にあるので、ちゃんと自分で作ったほうがやっぱり

美味しいです(笑)。最初はなんじゃこりゃ、と思っていましたが、慣れると

けっこうタマリンドのジュースは美味しいですよ。アジアにもありますよね。

ものすごくすっぱいので砂糖をいっぱい入れないとダメですけれど。

この冷凍庫のタマリンドはレイジェスがホンジュラスからおみやげに

持って帰ってきてくれたもので、ホンジュラスにいる姉妹がこれを売っている

そうです。

 

アヒデガジーナはこんな感じ、ペルーの黄色いトウガラシ、アヒアマリージョの

ペーストで作る、なんかカレーみたいなものです。

 

CIMG6808

 

食べかけ写真ですみません。

 

ケロリもトルティージャ食べます。

 

CIMG6809

 

トルティージャはけっこうお腹に溜まるので、ご飯も食べたし、ちょっと食べ過ぎた

夜でした。トルティージャくれたレイジェスたちごちそうさま!

 

 

 

(追伸・・・ツイッターの方でつぶやいたとおり、一昨日ケロリはアティトラン湖周辺で 

盗られて行方不明になりました 涙。 カメラも一緒になくなりましたが、

写真は7月分までコンピュータに入ってるので、もうしばらくケロリはまだブログに

出てこれるかもしれません。

これからがんばって、似た布でケロリを作ってみようと今考えてます。

10年と3ヶ月、ありがとうケロリ、また似たのができたらこれからもよろしくね、ケロリ。)

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。