2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
待望のカーテンが完成しました!

最初にリオドゥルセに住んでいたときは、適当な布を買ってきて手縫いでとりあえず作り

ぶら下げたカーテン。そのまま使い続けてきて、チャメルコに引っ越したあとは、幸い

カーテン付の家を借りることができました。というわけでカーテン要らずの生活をしていたの

ですが、とうとうこの新しい家に引っ越してからは、カーテンが必要に。

今の家は一部屋に一つずつ、ちゃんと大きめの窓があります。洗濯室だけは小さな光窓しか

ないので、カーテンが必要な窓は5つ。とりあえず寝室用にと、大家さんが一枚貸して

くださり、なんとかプライバシーが確保できるものの、やっぱり早急になんとかせねば。

 

というわけで、手作りカーテンを作ることにしました。チャメルコには3,4件の布屋があります。

フディスが、あそこが一番安いかな、というところを教えてくれたので、そこに行って

みることに。でも目隠し用の薄いレース生地しか手に入らず。残念!ちなみに布はヤード

単位で売られています。合計10ヤード購入。1ヤードあたり12ケツァルだというのですが、

11ケツァルに値引きしてくれて、しかも糸を2巻、おまけでくれました!あらうれしい。

 

さて、厚手の生地のほうをどうするか。この国の人って、あんまりカーテンを気にしないので、

薄い生地一枚をへろっと引っ掛けているだけの人も多いのですが、やっぱり作るからには

ちゃんとしたのを作りたいものです。というわけで、今度はレイジェスにコバンの布屋を

聞きました。一番大きい布屋さんの位置をだいたい教えてもらって、あとは現場で聞きながら

到着。こりゃ大きい。びっくりしました。そこで、店員と相談しながらあれこれ出してきてもらい

値段とも相談、これかな、というのを選んできました。1ヤード30ケツァル。せっかくなら、

ピアノのカバーや、台所のいろいろ物置にも目隠し用の布をかけたいし、多めに16ヤードも

購入。ここは、多く買うと自動的に1割引になるそうで、1ヤード27ケツァルに。糸も購入。

さすがにけっこう値段が張りましたが、まあ量を考えたらこんなものか。さすがに既製品は

手に入りにくいし、入ったとしてもきっともっと高くつくし・・・。

 

裁断開始!かなりの量なので大変です。幅はどちらもほぼ180cm。窓は幅が約120cm

なので、大体1.5倍ヒダになります。うむ、なかなかいい感じに仕上がるのでは?

両開きのスタイルにしたいので、一窓につき4枚、合計20枚です。気が遠くなります・・・。

なんとか裁断、端処理のアイロンも、延々と続きます。

 

CIMG4898

 

床に這いつくばっているので、次の日太ももの変なところが猛烈な筋肉痛に(笑)。

一日では終わらず、数日がかり。しかも、厚手の布のほうは、表裏がはっきりしない柄のため

こっちが表がいいかな?と思ってアイロンかけたのに、ためしに窓に引っ掛けてみたら、

あら、裏の地のほうがすてきじゃない?・・・縁のアイロンかけ直し!!!

 

CIMG4913

 

裁断と、とりあえずアイロンが終了したら、レイジェスの家にミシンを借りにでかけました。

レイジェスは、仕立ての仕事も時々やっています。でも、彼女のは足踏み式ミシン。

とりあえずチャレンジしてみましたが、無理でした(笑)。難しいですねー!

というわけで、「ミシンを買ってから一回も使ったことないんだけど・・・」と言いつつ、

電動式に変更してもらい、袋から出したこともなかった足のペダルも部屋の奥から出してきて

くれて、トライ。さすがに7年間も一度も使わなかった、後付けモーターとミシンをつなぐゴムは

劣化して固くなっていて使えず、どこからかレイジェスが持ってきた布紐を器用に輪っかに

縫ってくれてなんとか使えるように。日本の最新式じゃあもう見なくなった、縦型ボビンケース

なども、糸の巻き方を思い出すのにちょっと時間がかかりました。

 

CIMG4912

 

とりあえず20枚のそれぞれ3辺を端処理し、それだけでダウン。この日はこれで終了。

今度はフディスが彼女の電動ミシンを貸してくれたので、残りは家でゆっくり縫うことに

しました。彼女のも後付モーターがついているので、電動式で助かりますが、形はレイジェス

のよりさらに旧式。昔懐かし型です。上糸を立てる棒もないので、コップに入れてそこから

繰り出す。ボビンに糸を巻くには、割り箸を通して、右の取っ手に押し付けて回し、強制的に

巻き取ります。この方法は昔、リオドゥルセである友人がやってたのを見てたからよかった。

そうじゃなかったら思いつかなくて、しくしく手で巻いていたことでしょう(笑)。

 

なかなかやっぱり終わらないので、またまた数日がかりで、ちょっとずつ縫っていきます。

 

CIMG4937

 

「なになに、ネコの手も借りたいだって?!」

 

CIMG4938

 

「じゃあ、ちょっとだけね。」

 

CIMG4939

 

「ここはこうするべきだにゃ」

 

CIMG4941

 

超じゃま(笑)。

 

というわけで、ようやく完成しました!万が一また別のところに引っ越して、

窓が大きかったりしても使えるように、大きめ、長めに作りました。大は小をかねる。

裏はこんな処理になっています。この国のカーテンは、棒を中に入れてかける式が多いので

2枚を一緒に縫い合わせる形式で、一本の棒で2重カーテンがかけられるように工夫

しました。

 

CIMG4948

 

今度は結ぶためのリボン作りです。厚手の布と同じ、色違いのを買ってきて、10本に切り、

またまた端処理アイロン(また2日がかりくらい)。

 

CIMG4962

 

できあがりはこんな感じです。

 

CIMG4966

 

いやあ、カーテン作り。大変でした。でもこれで、外からの視線もさえぎりつつ光も入るし、

夜はけっこう真っ暗になるし、なによりかわいく出来たので満足です。でももう二度とやりたく

ないかも・・・。

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。