2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
小学校の文化祭に呼ばれました。

ドーナルドはコバンに属する小さな集落の小学校の先生です。

 

「今度の金曜日にねぇ、学校で文化祭やるんだけど、ケクチの文化紹介とか

やるんだけど、外国の文化も子どもたちに知ってもらいたいんだけど、えーと

・・・はい招待状」

 

いつものようにぼそぼそぼそっとしゃべりながら、いきなり渡されました。

ううう、そういうの苦手なんですけれど。

 

「お願いねぇ~」

 

はーい。

 

CIMG6908

 

Samac サマックという本当に小さな集落で、元々の名前はサマット(コリアンダー

に似た臭いのある香味野菜)の名前が、ここに来たドイツ人が一帯をがばっと大きな

農場にした時、サマットが聞き取れなくてサマックになったとか。

 

なんだかのほほんと準備しています。ドーナルドが教室からテーブルとかを

出して、子どもたちに準備させています。

 

CIMG6909

 

校舎の反対側には仮小屋ができて、それぞれの教室が自分たちの展示品を

飾り付けて準備中です。女の子たちは見事に全員ウイピルとコルテ姿です。

喋ってるのもケクチ語オンリーです。

 

CIMG6910

 

INTECAP インテカップと呼ばれる職業訓練学校で調理師の勉強をしている

みんなも来て、おそろいのユニフォームでカックイックを作るそうです。

カックイックはケクチの伝統料理、カックは赤 イックはトウガラシ という意味ですが

それほど辛い料理ではありません。赤いのはアチョーテで色をつけるから。

七面鳥を使うのが本格的ですが、鶏肉でも作ります。人によっては血も入れるので

さすがに血は食べたくないから要注意です。

 

CIMG6912

 

知り合いの、ランキン出身のヘルソンも真面目な顔で調理に取り掛かりました。

まあもともとけっこう真面目な子なんですけれど。

 

CIMG6920

 

隣では生徒のお母さんたちが yu ティユッ と呼ばれるケクチの伝統的な

料理も作り始めました。ティユッは聞いたことがあっただけで、食べたことが

なかったので楽しみです。

 

CIMG6913

 

いろんな調味料を石のメタテですりつぶしています。このメタテで潰したほうが

ミキサーでびいい~んとやるよりずっとまろやかないい味になるそう。

この料理もアチョーテが入るみたいで赤いですね。

 

CIMG6914

 

校内もお腹をすかせた犬がふらふらいっぱいしています。誰も気にしません(笑)。

 

CIMG6921

 

一応ドーナルドが開会の言葉で始めます。

 

CIMG6922

 

まずは小さい子どもたちが昔風の格好で、マリンバの演奏とともに練り歩き

次に大きい子たちが踊りを見せます。といっても肩くんでくるくる回るだけ、

リズムも取っていません。やっぱりケクチは基本的に踊らないんですね(笑)。

 

コバンケクチの伝統衣装はこの白いウイピルに黒っぽいコルテ、髪に

赤や黄色のトゥプイと呼ばれる紐を絡めて長くぶら下げるのが特徴です。

チャメルコケクチも似ていてトゥプイも使うけれど、コルテの色だけがちょっと

違います。

 

CIMG6925

 

このあとに私達のインタビューが始まりました。

プルラから駆けつけてくれたアメリカ人のデイジーが最初にケクチ語でアメリカについて

話します。旦那さんはグアテマラ人、彼女はケクチ語ぺらぺらです。彼女も私の知り合いです。

 

聞かれたのは国の気候や食事、文化、経済の発展などについて、二人の女の子が

事前に質問を準備していたのでそれについて簡単に話すだけですみました。

 

CIMG6929

 

最後に日本はアルファベットじゃなくて別の文字を使います、自分の名前を書いて

欲しい人は後で紙と鉛筆持ってきたら書いてあげるよ、と言ったのがあとで

大変なことになるんだけど(笑)。

 

このあと展示物を見に行きました。長くなるので後半はまた明日。

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。