2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コマルコマルコマル。

コマルといっても困るわけじゃなくて。

 

グアテマラでもこういう場所はほとんど全員が薪で調理です。

そして必要な台所道具と言えば、コマルなのです。

 

最近は鉄板を使う人も増えてきましたが、それでも需要がないわけではない

土製のコマル。ジョランダの店でおしゃべりしてたら、コマルの卸売が

やってきました。

 

えい、チャンス!パチリ。

 

DSC02396

 

いつも写真から逃げちゃうジョランダ。きゃはきゃは大笑いです。

 

もとからこんなに在庫があったけれど、それより一回り大きなコマルだから

買ってくれ、とおじさん。いっぱいあるから要らないよ、とジョランダ。

色々値段交渉して、12枚を105ケツァルで折り合いつけました。

右のちょっと黄色みが強いのが今回のコマルです。

 

DSC02397

 

ちょうどタイミング悪く大雨になったなか、せっせとトラックから降ろす

おじさん。重たいし割れ物だから大変ですね。

 

DSC02398 

 

今回のこの大きいコマルは、一枚10ケツァルで売るんですって。

ええ、それだと全部売って120ケツァルじゃ、儲けは15ケツァルしか

ならないけれど・・・。そんなにホイホイ売れるものでもないし。

せめて11か12ケツァルで売れば、と思うけれど。まあそういうものなんですよね

薄利少売で、どうやってやっていけるのか分からないけれど、

そういう2円とか3円レベルの儲けがくるくる回っている社会なのです。

 

 DSC02400

 

なかなかな大きさです。いいなぁ、これ。バハベラパス県から持ってきた

ようですよ。

 

DSC02401

 

これも、土の種類によって温まりやすいとかいろいろあります。

人によってはすぐ温まるほうが薪が少なくて済む、というし、

これまたじっくり温まるほうが早く冷えなくていい、という声も。

好き好きなんですね。

 

私たちも一枚小さいのを持っていますが、まあそういうの知らないで

とりあえず買ったので、高かったし(これより一回り小さいのに10ケツァル)、

温まらないし、私は早く温まるタイプのほうが使いやすいなぁ、と思った次第。

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。