2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
牛殺し。

・・・なんていう物騒なスペイン語の名前を付けられたこの動物。

 

DSC06702

 

ケビン君のところに行ったら、お父さんと家の周りの草刈り中。

そのときに見つけて、毒があるんだ、危ないんだ、あとで殺さないと、

となぜか紐で繋がれたこの子。

 

ナナフシくんです。

 

DSC06703

 

私が触るのを見ておっかなびっくりしていたケビンくん。

 

DSC06704

 

大丈夫だよー、ナナフシには毒はないよ、と紐をほどいてあげました。

本当かなぁ、と疑うケビンくん。主人が携帯のインターネットで

念のため調べましたが、どうやら日本でも毒があると信じられている

地方があるようです。が、毒はありません。

 

DSC06706

 

というわけで、晴れて殺される運命から助かったナナフシ。私が平気で

触るのを見て、恐る恐る、お母さんのマリアも腕に登らせてみる。

 

 DSC06707

 

あら、上まで登ってきたわよ。

 

DSC06708

 

おっかなびっくり、ケビンくんも。

 

DSC06709

 

ケビンの甥っ子(お姉さんたちが大きいので)、ハミルトンくんも持ってみる。

 

DSC06710

 

と、いろいろ遊ばれて、無事解放されました。コーヒーの木の茂みに

ひっかけておきました。

 

二人でカレブのビデオクリップを見ています。叔父と甥。

 

 DSC06711

 

ケビンくんは中学1年生で、午後1時から授業スタートなので、

この後大急ぎでシャワーを浴びて学校の準備をして、出かけていきました。

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます


自己紹介
中米グアテマラ生活5年半、アルタベラパス県サンフアンチャメルコ市で マヤ系ケクチ語をのんびり習得中。ケクチ語って日本ではほとんど有名ではありませんが。日常生活を日記風にお届け グアテマラのゆるーい風をお楽しみくださいね。ときどきカエル目線で日常のちょっとした様子をお伝えします。

ChamelcoKerori

ケロリってだぁれ?
今年で12歳のカエル(♂)です。いろんなところにお友達を持っています。ちょっと泣き虫で、こわがりさん、高所恐怖症。言葉の最後にケロがつくのが特徴です。よくお気に入りのネコアップリケ付きタオルケットを引きずっています。よろしくケロケロ!
最新記事
お客様の数
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Falling Frogs

border="0"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。